« Memorandum | Main | リトルタイランド。 »

August 03, 2007

おもいがけず悲しいランチ。

※いつもに増して長文です。

とある夏の午後。

おなかをすかせたヒマな2人は
暑さに身を任せて家でうだうだしておった。

うだうだ1号が言った。
「散歩行く?」

うだうだ2号も言った。
「・・・行く」

そしてちょっとそこまで散歩のつもりが
気がついたら江ノ島を通り越し、
鎌倉も通り越し、
葉山も通り越し、
逗子海岸近辺へ。

すごいでしょ。この散歩。
へへへ。歩きじゃないの。
バイクで涼んだの。少しでも走っていれば
風があたるし、海の近くは気持ちいいんだよ♪

海岸線は絵葉書に書かれるような夏の景色で、
水着のお姉ちゃんが闊歩してるし、
夏の象徴コパトーンの香りは漂ってるし、
渋滞しかり、汗のにおい、漁港の匂いも満載。

黒々テカった職人さんなどの姿ももはや
「夏だ~」という景色の一部。

2人ともおなかが減っているので、ランチをすることに。

1号「牛丼でも食べるか」
2号「なんでいつも牛丼!?」
1号「おいしいからだよ」
2号「おいしくないよ。パスタがいい♪」

そういえば、森戸海岸に入ってみたいお店があったなぁ、
と思い出したので1号に右側に白と赤っぽい看板が見えたら
そこに入って、とリクエスト。

めずらしく素直に入ってくれる1号。

イタリア語で「最高においしい!」という意味を持つお店。
地元の素材を使った創作イタリアンということで、
湘南マダム達にはわりと評判のいい一軒。

マユりんも1度行ってみたかった。

創作イタリアンってどんなだろう~。
パスタ、おいしいに決まってるよね。
テラス席は足元がもう海なんだよね。

など前知識は充分(のつもり)で挑んだ。

さて、エントランスにはドアボーイっぽい存在の男性(チョイ悪風)が
たたずみバイクの駐輪を誘導してくれる。
都内の高級レストランにでも来たか?と思わせるような
「いらっしゃいませ」からはじまり、たいそう手厚い接客を
している様子。いいとこかも、ここ、と期待も高まる。

2階席に通された。
この日は特別天気が良くて、目の前にはキラキラの海!
気分高まる。なに食べよう~~~。

やがて、メニューを持った女性現る。
あれ?なんか様子が変。



これがおもいがけず悲しいランチの始まりだった。




「こ・・・こちらが・・・め・・・メニューとなってお・・おります」

挙動が・・・怪しい。怪しすぎる。新人?

差し出されたメニューを広げる彼女。
左側、右側と上から順番に指をさし、
痛々しいほどたどたどしくしゃべっている。

コース料理の説明をしているのだ、と数秒経ってから気がつく。
それくらい何を言っているのかわからなかった。

でもマユりんたちはパスタが食べれればいいの。
なのでコースじゃないメニューはありますか?と聞いてみたよ。

「あっ!はい!!!アラカルトですね!!」

そこはやたらとハキハキしてた。
あるならすぐさまメニューを持ってきてくれぃ。

そしてアラカルトのメニューが来た。が、開いてみてビックリ。


パスタが4種類しかない!


ピザも4種類しかない!



なぜ??
Why!?



2人でビックリビックリしてしまうが、
しょうがないので、仕方なくその4種類から無難なアラビアータなど
2種類をオーダーすることに。

さっきのキョドってた子じゃなく、今度は男性がオーダーを取りに来た。

「えーとー、アラビアータとー・・・」
「あの~申し訳ありませんが、ランチコース以外のオーダーですと
 非常にお時間がかかるのですがぁ。。」
「どれくらいですか?」
「20分以上です」

なんとなくだけど、「だからコースにして」という主張が伝わってきちゃった。

1号、もうダメらしい。
「もうやめようよ(出ようぜという意味)」と言っている。

そんなこと、マユりんにはできないよ。

ちょっとはりつめた空気の中、しばしの沈黙が流れる。
3人で沈黙。あああああ~こういうの耐えられない!

意を決して、コースを頼む事にした。
理由は、アラカルトでパスタとドリンクをオーダーするのと
ランチコースの値段にそう大差がないというのが
マユりんの大義名分。1号もしぶしぶ了承。

あああ~、ちょっとランチしたかっただけなのにな~。

1号が明らかにムっとしているよぉぉ。
男性店員が去った後、おもむろに「なんだよこの店」とつぶやいている。
これ以上機嫌が悪くなりませんように。とお祈り開始。

でもお料理は、楽しみだよね。
だけど、最初のキョドってた女子の説明を、
何一つ覚えてない私たち。何が出てくるのかな~。

さて、前菜登場。

Dsc01410

乏しい記憶をたどってフランスパンの右側より説明します。

鎌倉野菜のなんとかジュレ風。
シャリの部分がリゾットでできているなんとか貝のにぎり。
トロトロチャーシューとなんとかの生春巻き。
青海苔としらすのフリットなんとか。
甘エビをエスニックなんとかソースで。

この前菜は食べ放題。おかわりオッケーなの。
オーダービュッフェといって、これがお店の売りなのかも。

で~~~も~~~~~、
ご存知1号、魚介嫌い。
貝なんてま~ず食べれない。

2号が食べれるものを何かトレードするか?と
提案するも、「いい」とのこと。ムムー。
貝のにぎり以外は無言で飲み込んで食べていた。

次。

Dsc01411

マグロテール?のなんとかかんとか。
薄いトマト煮込みみたいな感じのもの。

1号にはにおいからして既にギブなもの。
しょうがない。責任取るか。と思って食べてみたけど、
なにこれ!ってくらい臭い。

煮込んであるはずなのに、臭い!生臭い!
今釣ってきたマグロのしっぽをスープに投げ込んだ?
と疑いたくなるくらい、生臭い。こりゃ1号も黙るわけだ。

・・・食べれなかった。4口が限界だった。がんばったんだけど。

次。

Dsc01412

選べないメインのスパゲッティ。
なんとか魚(うお)のなんとかかんとか塩味パスタ。

Dsc01413

選べないメインのピザ。
生ハムとジャガイモとたまねぎをあしらったなんとかかんとか。

見た目、おいしそうでしょ?

でもね、スパゲッティーは、とにかく異常なくらいにんにくがすごいの。
パスタの量と同じくらい(ほんとに!)にんにくがどっさり、
しかもほぼ生で、なんとか魚の味もパスタ自体の味もせず、
にんにく苦手マユりんには拷問でした。
あ~ピザにすればよかった。と思い1号に「ピザおいしい?」と聞いたら、
「にんにくがすごい」って言ってる。
「にんにくの味しかしない、ちょっと異常だよ」って。


1号はにんにく大好きだし、そんなに異常?と思って一枚もらってみた。


全然にんにくの味しないけど?
生地がパリパリしてておいしいじゃない?

と食べ進めたら、突然きた!!
生にんにくのかたまり?みたいなのが。ああもう口の中がぁぁぁぁ~~~。

がんばって、ピザは2人で完食。
パスタはレモンをもらってみたりして
味を変え、あの手この手でトライしたけど、
やっぱり食べ切れませんでした。

お皿をさげに来た店員さん。
さっきのマグロも残したし、何か言われるかな?と思っていたら
案の定・・・「こってりすぎでした?」と探りを入れられた。

正直に「にんにくがすごくて」と言ったら、
「あははは」と笑って去っていった。

何が「あははは」なんだろう。。。
つらい。つらすぎる。私たちどうしてこんなことになってるんだろう。

次。というか最後。

Dsc01414

ちっちゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!
厚さわずか2ミリのガトーショコラ。

ああもう本当にどうしてこんな目に。。。

食後。
「こちらのお店は禁煙ですか?」
「はい。ランチタイムは2時半まで禁煙です」
「今3時・・・ボソッ」
「・・・・!! 今すぐ灰皿をお持ちします!」




極めつけはお会計。

「お会計はお席でのご協力を」と書かれていたので
1号が「帰るよ」のアピールの為クレジットカードを出しておいた。

2号「カードは取り扱っていませんなんて言われたりしてね♪」
1号「ここ、高いワインなんかもあるから大丈夫だよ」

そこに店員。

「あの~」

・・・いやな予感。

「あの~、お支払いは現金でお願いしたいんですがぁ。。」
「え?カード使えないの?」
「あ、ランチタイムは現金のみなんです」
「どうして?」
「そうさせていただいているんです~」

1号、ついにぶちきれた。って顔をした。
しかしクレームをするようなタイプではないのだ。
彼は見た目からは想像しにくいかもしれないが、
実はとっても平和主義であり、また、あきれ返った時には
怒りの気持ちもサーーーっと冷めるらしく、
あえて言いたいことを言わないというのがモットーらしいのである。

今回もやはり、無言で現金を出し、渡して、店員が去っていった。

「ねーねー、」
「なに?」
「マユりんとっても責任を感じているんだけどね」
「うん」
「なんかさぁ、ごめんね」
「うん。いいよ。」
「でさー今罪悪感でいっぱいんなんだけどね」
「うん」
「でもお願いだから後々になって嫌味で言ったりしないでね」
「なんでーーーー」
「言わないでほしいから」
「言おう♪」
「・・・・・・・・・・・」
「言おうっと♪」

お会計(牛丼15個分くらいのお値段でした)が済み、
いそいそとお店を後にする2人。

ああとっても残念だ。あんなに行ってみたかった評判の、
ウワサのお店にやっと来れたというのにこんな結果で。
しかも1号がこんな感じで外食に付き合ってくれるなんてこと
滅多にない事なのに、そのチャンスをこんな結果で終わらせるなんて。
しかもしかも、これから事あるごとに嫌味を言われるかもしれないなんて。

その後は、
「結局、あのお店でおいしかったのは甘エビとフリットだけだったな~」
なんて思いながら黙々と散歩の続き。

三浦海岸まで走って、また海岸線を戻ってきました。
散歩は気持ちよかったけれど、なんだか長い1日だった。

そして夜ゴハンは丑の日に食べなかったうなぎ。

Dsc01421

2人とも、にんにくでそうとう胸がいっぱいだったので
シンプルに丼にして食べました。

私なんてしょっちゅうだけど、
1号がにんにくで胸焼けを起こすなんて本当にめずらしい。
確か帰ってきてから胃薬を飲んでいたような。。。

ああ今も罪悪感でいっぱい。

お店から見える絶景は折り紙つき。
テラス席はさわやかな潮風に包まれる
とっておきのCozy Cornerです。

少しはフォローになってるかしら??

Dsc01415

|

« Memorandum | Main | リトルタイランド。 »

Comments

そいっぁヒドイな。

大抵の食べ物は美味しく食べられるワタシ。
でも、そんなヒドイの聞いたことない。


うちの近所の住宅街に、こじんまりとした美味しいフレンチレストランあり。
こんど遊びにおいで。

Posted by: walnutmix | August 03, 2007 at 07:56 PM

walnutmix~~~~~~!
あなたってひとは、あなたってひとは。
わかってくれる?わかってくれるのね?!

本当にまずかったのまずかったのまずかったのーー。
全部が。甘エビとフリット以外の全部が。

普通さー、ゆうても、おいしくないっていう程度じゃない?
私だってたいていのものは美味しく食べれるし、
大嫌いなもの以外は「大好き」って言えるよ。
なのに、本当に本当に、「まずかった」なの。
これってショックだよね。ハンマーショック。

でね、後日談。

あまりにもショックが大きくて、色々調べてみたの。
口コミっていうの?行った事のある人のブログとかを、
検索大魔王になって読んでみたの。

そしたら誰もが「おいしい」という単語をほとんど使用してないんだよね。
お店の雰囲気が良かったとか、景色がよかったとか、
そんなことばっかりだった。

味についての評価が、どれもこれも曖昧なニュアンスで、
ああそうか、そういうことなのか、と思った。
こういうことってあるんだねぇ。。
社会ってすごいねぇ。日本のブログ文化ってすごいねぇ。

walnutmix御用達フレンチ是非行きたい。
絶対行く!ご一緒させて。遊びに行くよーーー!!
天の声だわ。ありがとう♪

海とワシャワシャ遊ばせてね★

Posted by: walnutmixへ★ | August 03, 2007 at 11:39 PM

ち、ちっちゃ!!(笑)本当に小さいー!!
ごはんが美味しくなかったらせめてデザートだけでもーって
思っちゃうのに!なのにミニマムだなんて!!
魚介がくさいだなんて魚介類大好きっことしては許せんわー!
上手に調子してあげさないよって思っちゃうよ!
私も評判のお店でパスタ食べたら味付けは良いんだけど
やおやおで何これ給食?みたいなことありました。
悲しかった…友人のドリアがひどく美味しそうに見えました@
コースしか出さないお店って自信あるんだろうなって思うのにー!しかもわかるよまゆさんー!うちも外食嫌いな人だから、失敗すると次がなくなっちゃうものーだから早めに出てきて美味しくて感じよくないと駄目なんだよー><

Posted by: 花梨 | August 04, 2007 at 08:16 AM

ちっちゃすぎだよね。。。
私たちがその他の料理を残したから?
って最初思ったけど、きっと違うよね。ケチなだけだよね。
もっとおっきいガトーショコラ食べたいよぅ(泣)

やおやお・・・茹ですぎって意味だよね(笑)。
そういえばこのお店のパスタはアルデンテすぎて
若干芯が残ってたってこと・・・書くの忘れてた。。。
粉の味がしたよぅ。もう踏んだり蹴ったりのオンパレード。

ああもう本当にヒドい目にあったよ!
これはもう軽く交通事故にあった気分だ。

え~~!なになに荒野君も外食嫌いなの??
オトコども、平気で「外食キライ」と発言してるようだけど、
じゃぁ毎日作ってみろ!ゴハンは作るだけじゃないんだよ!
メニューやバランス考えるとこからはじまってるんだよ~~~と、
とことん教えてあげたいね。

夫と言えどもあまりにも無神経な発言が多いので、
「夫の発言集」を作ってみたいよ。
毎日記録したら、万が一の時裁判所で役に立つかも・・・
なんてね(けっこう本気だったりして)、あはははは♪

Posted by: 花梨ちゃんへ★ | August 04, 2007 at 02:25 PM

いやあ散々でしたねえ。
申し訳ないのですが、相当笑いました。。。
最後のガトーショコラで悶絶(笑)
この店、マジでありえません。
行動範囲なので注意します。


↑の記事のソムタム×焼酎はvitzアンテナに引っかかりまくりです。
青パパイヤ・・・(野菜?)
香草系じゃなければ食べれそうだなあ。
(パクチーとかそっち系無理です)
むぅー

Posted by: vitz | August 06, 2007 at 11:49 PM

いやいや、笑ってくださいな。
もう笑うか怒るかのどっちかしかない状況だったにもかかわらず、
負け犬気分が強くなり最後にはショボーンとなってしまいました(笑)。

ロケーションがいいだけに本当に残念。

行動範囲なの?なら本当に気をつけなくちゃ。
店名クエスチョンはメールちょうだいね♪

vitz君もソムタム+焼酎是非やるべき!
パクチーは入ってなかった。だから大丈夫!
青いパパイヤは、癖もにおいもなくさっぱりしておいしいよ。
ウリみたいな感じかな。野菜です♪
沖縄ではお庭にたわわに生っているようです、いいなぁ。

Posted by: vitz君へ★ | August 07, 2007 at 09:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84923/15992127

Listed below are links to weblogs that reference おもいがけず悲しいランチ。:

« Memorandum | Main | リトルタイランド。 »