« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 28, 2007

やっとバレンタイン。

ジョリちゃんにやっとバレンタインの贈り物をしました。
どうにか2月中に間に合った。。。

今回は、偶然WEBで見つけたドイツ菓子のお店で
オーダーをしたかったのです。

注文販売店と聞いていたので、バレンタイン前後は混雑するかな?
と思い、あえてバレンタインを避けました。

そして昨日、意を決して直接お店に行ってきました!

お店の名前は、『aus LIEBE(アウスリーベ)』。
直訳すると、「愛より」という意味です。
英語にするとしたら、う~ん、ちょっと無理があるけど
=FromDear=といったところでしょうか。

お店のHPを見ていただいてわかると思うのですが、
お菓子を作っていらっしゃる方が、「愛さん」という方なのです。
お店のネーミングのセンス、ステキ♪
本場ドイツで「ドイツ国家菓子マイスター」を取得された方です。

住所を頼りに片瀬山の住宅街をぐるぐるしちゃいましたが、
見つけました。一軒家のaus LIEBE。
小さなドアをあけるとそこはまた小さなショーケースと
清潔なステンレスの並ぶ工房に愛さんが黙々とお菓子作りを。

ここでちょっと解説ですが、ドイツでは紅茶とともに頂く
お菓子ということで、たとえばクッキーなんかでも
「テーケベック」という表現になります。

今回お目当てのお菓子は、こちらです。

『テークーヘン』。

テー=紅茶。
クーヘン=焼き菓子。

Dsc00168

紅茶の茶葉が入ったパウンドケーキをベースに、
チョコレートがコーティングされているもの。
これを食べてみたかったーー(私が)。

フィルムをはがすと紅茶と上質なチョコレートの香りが
ふんわ~り漂います。二人しておもわずクンクン。。

断面図はこんな感じ。

Dsc00174

ジョリちゃん、早速ひときれ食べてました。
私もひとくち。おいしーーー♪

お店に気になるお菓子が他にもたくさん。
色々食べてみたいけど、今回はテークーヘンが
お目当てだったので、ガマンガマンと思いつつ、
1/8にカットされているものがあったので、購入~。

そちらはお味見の後に、またご紹介します♪

湘南は本当においしいお店が沢山でうれしい。
色んなジャンルで「おいしいよー」と評判なお店が
目白押しなのです。
ジョリちゃんは比較的外食が好きじゃないようなので
マユりんはいつもうずうずしてますが、時々はジョリを口説いて
ちょっとずつ、おいしいものを堪能したいと思います。

Dsc00165 ※aus LIEBE お勧めです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2007

『Music and Lyrics』

今、アメリカで公開されている映画、『Music and Lyrics』。
※映画のサイトを開くと音楽が流れます。

ヒュー・グラントとドリュー・バリモア出演作で、
すごく楽しみにしているひとつです。

Ml

** storyはこんな感じ **
80 年代にポップ・スターとして一世を風靡したものの、
今は売れない歌手のアレックス・フレッチャー(ヒュー・グラント)は、
人気女性歌手とのデュエットの依頼を受ける。
急遽デュエット用の曲を書かなければならないアレックスだったが、
何年も作曲していないばかりか、歌詞にいたっては
これまで一度も書いたことがない。
困り果てていた彼は、言葉に対して鋭い感性を持つ女性,
ソフィー(ドリュー・バリモア)に出会う。
一緒に作曲していくうち、2人はお互いに惹かれあっていく。

というラブコメです。一部某サイトより転記させて頂きました。
日本公開は07年のGWとか。

マユりんはヒュー・グラントのイギリス訛りが
若干苦手という傾向ではありますが、
時々すごく彼を見たいと思うときがあります。
特別好きというわけではなく、でもフと思い出すと「あ、見たい」と
思うのです。でもしゃべってるところを見るとちょっとゲンナリ。。。
※これってベッカムがしゃべるとちょっとガッカリと似てるかも。

それに比べてドリューはいつも本当にかわいくて、大好き。
ETの時からチャーリーズエンジェルなどいつも茶目っけたっぷりで。
一時期、私生活でそうとうやんちゃだったこともあり、
今ではますます女優肌にみがきがかかっているんだと思います。

すごく楽しみな映画なのですが、ひとつ問題が。
原題にある「Lyrics」とは名詞の場合「歌詞」という意味になるのですが、
邦題がなんと『ラブソングができるまで』になったようです。

マユりんはどうもこのセンスのない邦題のつけかたに
いつも意義あり!です。

特にラブコメ映画にはたいていそういった
「はぁ?」と思うようなヒドイ日本語タイトルがつきます。
どうしてかな~。この想い、どこにぶつけたらいいのか・・・。

物申すからには自分でアイディアを出さないとね。
とは思うものの、わざわざ日本語タイトルにしなくていいんじゃない?
原題の方が日本人、もっと英単語覚えるような気がするんだけど。

GWまであと何ヶ月?待ち遠しいなぁ。
サントラもステキっぽいし。

あ、今思いついたけど、もしかしたらこの映画
バンコクあたりで見れるかも。。。
確か日本より公開が早かったような・・・。

・・・調べてみました。
う・・・数ヶ所で今公開してる~~~。
でもいつまでとは書いていない。映画館のHPはほとんどが
タイ語表示(あたりまえ)だけど、年月日は数字で出るよね?
間に合うかな。間に合いたいよ~~~!

キャメロン・ディアスの『ホリデー』も見たい。
こちらは3月24日日本公開です。
残念ながら日本にはいないため、DVDを待つことに
なりそうです。

P・S バンコクの『のりちゃん』へ。
    もし映画館の前を通ったらいつまで公開してるか
    チェケラしてみてくださ~い。
    わかったらコメントいただけるとうれしいです♪

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 24, 2007

やっちゃった。。。

※この記事を書いた翌日に、後日談を追記しました。
ナゾが判明したので(笑)。


***
何年ぶりだろう。
ものすごい二日酔いに見舞われました。

花粉が辛いのでしばらく引きこもっていましたが、
昨日はジョリちゃんに誘われて焼き鳥屋さんへ。
完全防備(マスク・帽子などなど思いつく限り)で
ジョリが見つけたという駅前のお店まで自転車で。

ついたお店はとても渋~い雰囲気のお店。
焼き鳥(タレ)はおいしく、レバ刺も堪能。
ジョリちゃんは塩焼きLOVEなので内臓系を中心に
オーダーしていましたが、それらは顔をしかめるくらい
しょっぱすぎたようです。
お通しで出てきた漬物が一番おいしかったです。

入ってすぐ「火を落とします」と言われ、
あわてて数本オーダーしただけでしたが、
30分くらいしたら火を落としただけとは思えないほど
店内が冷え切ってきて、鼻先が冷たくなるほどに。

「帰れ」のアピールで暖房も一切消されたようです。
焼き鳥焼き係りのおじいちゃん、おそらくその奥さん、
パートらしきおばあちゃんだけで営んでいるようですが
(だから漬物が美味しいのか、あれは絶品だった)
ジョリちゃんはもう行かないと言っています。

そのお店では1杯しか飲めなかったので、
はす向かいにある居酒屋へ移動。

そこで日本酒コースとなってしまいました。
あれは危険すぎますね~。
私の好きな辛口~なお酒を熱燗で。
これがクイクイ飲めてしまい、調子に乗ってお銚子を6本。

隣に座っていたオジサマと仲良くなり話しもはずみ、
ついついクイクイ。

お店のマスターもお猪口1杯分サービスしてくれたりで
気持ちよく飲みました。歌って踊りたい気分なくらいに(笑)。

しかし今朝のめざめは超最悪。
午前中は起き上がれず、午後になってやっと少し動ける程度。
私は二日酔いの時、すごくおなかがすくんです。
それはもう震えるくらい。
でも作るなんて無理なので、ストックしてあった
ジョリちゃんのダイジなカップラーメンを拝借し、
それから頭痛薬を飲んでまたゴロゴロ。

夕方少しよくなってきたので、ちょっと外へ。
といっても駐車場まで。滞在時間20分くらい。

案の定座っているのも辛かったので、
家に戻ってまたゴロゴロ。DVDを見ながらやり過ごしました。

現在、午後9時ですが、ようやく人並みの体調に戻ってきました。
あ~、もうしばらくはお酒見たくもない。大反省です。

うなり続けていた一日でした。
もう寝ます。おやすみなさい。。。

P・S ちなみにマユりんはお酒で記憶をなくすという
    ステキな技を持っていません。
    でも忘れたフリは得意です。

後日談
めったにならない二日酔い。
いったい今回はマユりんどうしちゃったの?
と、うなりながらも1日中すごく不思議でした。
安いお酒だったのかなぁ?とか、焼酎も飲んだから?とか。。。
でも、今日になってジョリちゃんの証言で理由が判明しました。
「だって全然食べてなかったじゃん」とのこと。

そういえば、焼き鳥2本とお通しの絶品漬物、レバ刺身、トマト、
えだまめ、餃子ひとくち(ニンニクが強すぎてダメ)だったのです。
「飲んだら乗るな」に加えて新しい教訓。
「飲むなら食べろ」ですね。

でも、飲みながら泣いたりすると、確実に二日酔いになります。
注意:これは若~い頃に得た知識です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2007

『旅のにっき』

旅に先駆けて、新しくブログを作ってみました。

マユりんにとってはじめての長期旅行。
ベトナム旅行の際にも作ろうか迷ったあげくやめてしまい、
レポ以外にも色々メモしておきたいことが沢山あったので、
今回こそは!と鼻息荒く作成してみました。

カテゴリをわけてわかりやすくレポートできるものを目指していますが、
まだまだ未完成な箇所が随所にあります。
更新も超不定期となりがちですが、どうぞ遊びに来てください。

場所はコチラ↓。『旅のにっき』
http://fosfos.blog94.fc2.com/

尚、旅ブログは旅に必要な持ち物のことや、
ふと思いついたこと、思いがけない出来事、
旅行中の非日常な諸々を書き連ねるため、
長文が多く発生すると思われます(笑)。

また、今後旅に出る人に少しでもお役にたてたらいいな~と
思うので相互リンク、コメント、TB大歓迎です。
リンクしていただける際には是非お知らせください♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2007

色々な催し。

数日の間に色々なイベントがありました。
少しご紹介を。

元同僚、そして今でも多方面で交流のある友達の一人、
『こっこ』のWeddingPartyに御呼ばれし、夫婦で参加してきました。
まだ若くてかわいい花嫁に、私はなんだか叔母気分。
ぜんぜん緊張してないのという本人に対し、
マユりんは朝からソワソワドキドキ。

少しオシャレをして、表参道の会場に向かいました。
会場ではその他元同僚(うなぎツアーなどでおなじみのメンバー)
にも会えて、ほとんど同窓会気分でパーティーを楽しみました。

Dsc00110

パーティー後はもちろん2次会3次会と飲みコース。
みんなで真冬の表参道をはしごしました。

その翌日からはジョリちゃんの実家へ。
ジョリ両親が広島へ1泊旅行へ出かけるため、
家を犬たち(2匹)だけにはしておけないので、
お泊りお留守番です。

ジョリちゃんが同級生家族を呼んで、
ジョリ実家で鉄板焼きを開催しました。
小学生の二人の娘さんたちも来るというので、
手巻き寿司も用意しました。

手巻き寿司は寿司嫌いのジョリと二人だと家でできないので、
ここぞとばかりに色々巻いて巻いてみんなでたくさん食べました。
子供たちも喜んでくれてよかったー。
酢飯の作り方もよくわからなかったけど、
お義母さんの調味料をちょっと拝借してなんとかなりました。

お箸が転がっても楽しいお年頃の彼女たちは、
本当にどんなことでもケラケラ笑うのです。
身体の一部にちょっと手が触れただけでも
楽しいらしく、完全に笑いマシーンと化した彼女たち。
もう最後は大人たちの「変顔」シリーズで
とことん笑ってもらいました。かわいい。。。

翌日の深夜に帰宅するお義母さんたちを待って
もう一泊。お土産をたくさん頂きました。

そして、バレンタインデー。
我が家の結婚記念日です。

あいにくの雨(ジョリちゃんが雨男)だったため、
横浜のワールドポータースにて、ランチ後に映画鑑賞。
「硫黄島からの手紙」を見てきました。

マユりんはお誕生日プレゼントとして、
ピアスを買ってもらいました♪
結婚するだいぶ前に買ってもらったピアスを
ずっとしていたので、そろそろ新しいものがほしかったー。
お店の店員さんにあれこれ試させてもらって、
かわいいのを見つけました。
ジョリちゃんとしては今年のお誕生日プレゼントは
旅行に行くときの航空券のつもりだったようですが、
半ば強引におねだり。うふふ。ありがとうー♪

夜にきちんと乾杯したかったのですが、この日は暴風と
雨がすごくて(春一番の日だったのです)、
この雨の中でかけたくないとジョリが言うので、
お祝いは日を改めて行うことに。

それから、マユりんママからジョリちゃんに
チョコレートが届きました。
DEMEL』のラング・ド・シャ(猫の舌)でした。

551956071

ジョリちゃん、今年のバレンタインはこのチョコ一個だけでした。
マユりんからはまだもらってません(笑)。
藤沢においしそうなドイツのケーキを売っているお店を見つけたので
買いに行こうと思っています。

さて、連日のイベントで暴飲暴食だったためか、
またもや唇ヘルペス君が暴れだしました。
昨日までは痛くてイライラしてましたが、
今日からは乾かすためにお薬は塗らず、
しばらく放置しておこうかと思います。

旅行までに治さないと。
連休あたりから本格的に花粉も飛び始め、
身体のあらゆるところが乾燥しはじめました。
マスクも手放せません。

旅行は3月14日出発となりました。
シンガポールとバンコク等、東南アジア。
移動も含めて27日間の滞在予定です。

早く日本を脱出したいー。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 04, 2007

おいしいお誕生日。

お誕生日を迎えました。
『一日限定お姫様』デートを楽しんでまいりました。

=昼の部=

春のような陽気の中、まず向かったのは鎌倉、二階堂。

ここにお目当てのおうどん屋さんがあるのですが、
住所をたよりにナビでたどり着くも、お店は見当たらず。
車を止めてさんざん歩き回ったあげくに、3匹のコーギーを連れた
チョイ悪風のオジ様にお店の場所を聞く羽目に。

ところがこのオジ様、シブいお声で「連れて行ってあげるよ」と
やさしく私をナビしてくれました。コーギー達もおとなしくついてきます。

お店の場所はわかったのですが、残念ながら臨時休業とのこと。
次回は事前に電話で営業を確認し、自力でたどり着けそうです。
オジ様が駐車場の場所も教えてくれました。

腹ペコ夫婦が次に向かったのは、小町通りにあるお蕎麦屋さん。
マユりんがまだ結婚するだいぶ前に、マユりんの両親と親戚で
大晦日を鎌倉で迎えようとお宿を取り、八幡宮への初詣の帰りに
立ち寄ったお店で、あまりにも美味しい天ざるを食べ、
それ以降ずっと「また食べたい」と思っていたお店なのです。

お店の名前は『山路』。
小町通りにある小さな路地を入るとそこはなんとなく小京都。
少し長めの石畳を歩いているとマイナスイオンも吸収できそうな
雰囲気に浸れます。

Dsc00046_1 Dsc00045
Dsc00044 Dsc00043

二人とも天ざるをオーダーしました。

Dsc00037

おそばはしっかりとしたコシがありキュンと冷たくて、
心ばかり細いような気がします。
コレが美味しさの秘密なのかも??と思いながら
数年ぶりの夢の味を堪能しました。

おなかいっぱいになり、次に向かったのは
鎌倉八幡宮。
我が家、初詣をまだしていなかったのです。
今年はジョリちゃんが厄年なので100円で
1000円分くらいのお願い事をしてきました。

Dsc00049 Dsc00047

その後海沿いに出て、どこかでお茶をしようと
秋谷海岸方面に向かったのですが、
どこも全滅。ちょうど午後の休憩時間だったり
定休日だったりでどこにもフラれ続け、
結局辻堂に戻って、サーファー通りにあるカフェで
チーズケーキを食べました。

=夜の部=

一旦、家に戻ってそこからは自転車に乗り換え。
二人ともお酒が飲みたいので車は置いてでかけます。
昼間はすごく暖かかったけど日が落ちると信じられないくらい
寒い夜。カーディガンを一枚追加して走り出します。

向かったのは茅ヶ崎。
お目当てのお店が2件あるのですが
まだおなかがすいていないので「歌おう!」と言って
カラオケ屋さんを探しました。

ジョリちゃんと二人でカラオケに行ってみたかったのです。
二人でたくさん歌いました。
意外と二人でも大丈夫なのね・・・。新しい発見。

2時間歌いたい放題歌って、スッキリしたところで
おなかも好いてきたのでお目当てのお店に。

しかーし、ここでもまたことごとくフラれる羽目に。
1件目は既にネオンが消えていました。
2件目は「ラストオーダーまであと30分」とか。

まだ10時前なんですけど・・・しかも金曜日。
これはもう昼間の二の舞になること間違いなし、
今日はそういうフラれる運命の日なんだ~と
やっと直感したマユりんは茅ヶ崎はあきらめることに。

ううう、散々だ。。。

凍えそうな北風の鉄砲通りを無言で走り続け、
やっぱり辻堂に戻ってきました。
そして「あそこなら絶対に遅くまでやってる」と
確信を持って訪れたお店は、辻堂駅から歩いて3分、
でも説明がとてもむずかしい場所にある、でもとてもかわいい
オーガニック創作料理のお店、「Natural Mystique」という
お店です。初挑戦でした。

Dsc00067

席についてお店の中を撮影していると
奥様らしき美しい感じのよい女性から
「店内はお料理も含め、撮影は禁止なのです」
と言われてしまいました。えー、ビックリ。
きちんとした取材ならOKとのこと。

こちらもなんの断りもなしにパシャパシャ撮っていたので
ちょっと恐縮。お料理を写真なしでご紹介します。

乾杯しながら頂いたのは、前菜アミューズの盛り合わせ。
ふきのとうのフリット、ペコロスのグリルとパンチェッタ、
地魚のカルパッチョ、ラタトゥイユなど。

サラダは自家製生ハムとモッツァレラのトマトサラダ。

後は揚げナス・ボロネーゼ [和牛のミートソース] と、
粗挽きソーセージのペペロンチーノを食べました。

帰り際、奥様から「撮影をお断りしてしまったのでこれを・・・」と
小さな小さなタバスコを頂いてしまいました。なんとも恐縮・・・。

途中、ジョリちゃんがサラダのバルサミコ酢でむせた時に
ササッとお水を持ってきてくれたり、シェフがテーブルまで
来てお勧めのドリンクを教えてくださったりと、
おそらく夫婦で営んでいらっしゃると思うのですが
お二人ともとても感じがよく、また来たいな~と
思うお店でした。奥様は店内でネイルもされている様子。

次回は是非陽だまりのテラスでランチを楽しんでみたいです。

さて、こうしてマユりんのお姫様デーは終了しました。
まだまだ飲み足りない気分ではありましたが、
すっごく満たされました。
ジョリちゃん、丸1日執事に徹してくれてありがとう。

また、お誕生日ということでたくさんの人から
お祝いのメールや電話を頂きました。
みんな本当にありがとう。
世間ではそろそろ心から喜べる年齢でもないお年頃
といわれる世代ではありますが、マユりんは年齢を
重ねることにそれほど抵抗がないので(どうにかなると思ってる)、
「おめでとー」と言ってもらえるのはいつでもうれしいです。

健康な身体でこの年齢を迎えられることに感謝。
そしていつも楽しい毎日を送ることができるのも
周りの人や家族あってのことなんだな~とやっぱり感謝。

来年は大台にのる年なので、こんな悠長な事言ってられるか
わかりませんが、なにはともあれこの1年を楽しく過ごしたいと
思います。

アップダウンの少ない、平凡な毎日の出来事を大切に大切に
暮らしていきたいと思います♪

Dsc00059

※今回から写真をクリックすると別窓で開くようにしました。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | March 2007 »