« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

November 26, 2006

ノリちゃん来たる。

ジョリちゃんにはタイで知り合った
「ノリちゃん」という日本人のお友達がいる。

知り合ってかれこれ5~6~7年らしいが、
ほとんどタイでしか会っていないのに仲良しだという。
ジョリちゃんが一人でタイに旅行に行って帰ってくると
毎日のようにノリちゃんの話を聞かせてくれていた。

そのノリちゃんが、弟さんの結婚式のため
日本に一時帰国、そして我が家にも数日滞在しにくるというので
夫婦そろって、アホみたくその日を待って待って待って、
ついに先週の水曜日、ノリちゃんが我が家に来た!!!

はじめて見る生ノリちゃん。

長身で長い黒髪、生粋の日本人なのだけど、
どこかオリエンタルな雰囲気で、睫毛が長くおちょぼ口で
しっとりとした声で話すノリちゃん。

ノリちゃんはタイで翻訳の仕事をしながら生計を立てていて、
タイ人の彼女もいて、食べることが大好きで、
毎日色んなコミュニティーに属しながら楽しく暮らしていそう。
というのがジョリから聞いて私が持っていた印象。

会ってみてもその印象は変わらなかったけど、
何より私をひきつけた魅力は、ノリちゃんが自分の言葉で
しっかりと色んな分野の話をするということだった。

私は常にジョリちゃんにキィィィーーーっとなるとき、
感情的になって思ったことの半分も言葉に出来ず、
キィキィ言って、後は黙るという手法をもう5年も続けてきたけれど、
ノリちゃんが滞在中、何回かそういう場面を披露してしまって、
その度にノリちゃんが私の心をとても上手に、
尚且つ誰も嫌な気分にさせずに代弁してくれる・・・
というとても見事な技を成し遂げてくれた。

それだけじゃなく、ノリちゃんの話題は本当に分野が広くて、
その一つ一つにノリちゃんの思想があって、それを上手に
わかりやすく説明してくれる・・。

3人で夜更かししながらお菓子を食べながら、ずっといつまでも
話題は尽きず、時間が足りないと思うくらいに楽しかったです。

お客様がくるといつもの事ながら、
ノリちゃんとも色んなものを食べました。

初日の夜はジョリちゃんが水炊きを用意してくれて、
翌日のお昼は中華街で飲茶、その日の夜はカップ麺。
その翌日ノリちゃんとジョリちゃんはランチにとんこつラーメン。
その日の夜はマユりん特性のポークソテーのネギソース。
そして翌日はハムエッグと色んなパンという感じで。

まだまだノリちゃんに食べてもらいたいものがあるし、
一緒に行きたいところもたくさん。色んな事も聞きたいし、
色んな事をあのしっとりした声で解説してほしい。

ノリちゃんは3泊して、土曜日の朝帰ってしまったのだけど、
バイバイした後もいつまでも名残惜しく、二人で
「ノリちゃん今ごろ何してるかなぁ」と何かといえば口にしていました。

後になって写真を撮らなかったことに気が付き、ちょっと残念。
そのうち今度は私たちがタイにノリちゃんに会いに行こう~~っと。

ノリちゃん、来てくれてありがとう。
毎日毎晩すごく楽しかったです。
会えてよかった。また遊んでね♪

ノリちゃんのお母様からもおいしい焼き菓子と
紅茶をお土産に頂いてしまい、恐縮です。
よろしくお伝えください。

さて、今週は待ちに待ったビリー・ジョエルのライブ。
一週間に二回もチケットを取ってあるので、ちょっと忙しい。
8年も待ったのだからちょっとの疲れくらい
勢いで乗り切ろう!と思います。

寝不足は長い通勤中の電車の中で解消するために、
読書もほどほどにしなくちゃ。

では、また。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

HappyWeddingParty!!

金曜日。
小田原へのプチ出張を終え、急いで横浜へ向かいました。

この日は元同僚二人のお祝いディナーだったのです。

一人は来年元旦に、もう一人は来年バレンタインに入籍が決まり
みんなでお祝いをしてきました。
場所は「波の音(naminoon)」。
こちらのお祝いコースをokoが予約してくれました。

お祝い用のホールケーキ(プレートに名前を入れてくれる)と、
CDを用意すると好きなプレゼント贈呈のタイミングで
好きな曲をかけてくれるというプランなのです。

お店に一歩足を踏み入れると、そこはハワイそのもので
全般的にそれこそ波の音、それからハワイアンMusicなど
計算しつくされた異空間。外の寒さなど忘れてしまいます。

Vfsh0024_2

お店のレイアウトもまるで南国のビーイサイド!

まずは色とりどりに飾られたトロピカルカクテルにて
「乾杯!」をして、二人の結婚への馴れ初めなどを
ネホリハホリ聞きました。あ~幸せそう~。

その後はコースのお料理がゆっくりと出てきました。
それぞれのお料理がまた素晴らしくおいしいの。

Vfsh0027_2 Vfsh0028_1 Vfsh0029_1

写真はアボガドと紋甲イカの生春巻き。
ムール貝のグラタン、飛びっ子とスモークサーモンのスープパスタ。
それとたっぷりきのことブロッコリーのパリパリなPIZZA。

写真がうまく撮れなかったのですが、前菜に
ロミロミサラダと米ナスとエビのサラダがありました。

どれも絶品でした。

そして、ついにメインイベントのお時間。
店内が暗くなり、リクエストした曲、「Lovin'You」がかかり、
お店特性のケーキが運ばれてきました。

Vfsh0030_2

※プレートには二人の名前が書かれていました。

二人にみんなで寄せ書きしたカードとプレゼントを。
プレゼントは二人ともおそろいのジュエリーボックスを贈呈しました。

二人ともとても喜んでくれて、私たちも嬉しい。。。
本当におめでとう!幸せになってね♪

お店からのプレゼントでポラの撮影があり、
それぞれのデジカメでも撮影をお願いしたり、
自分たちでも写真を撮ったりと気が付けばあっという間に11時。

名残惜しいまま、お店を後にし、駅でお別れしました。

今では職場もバラバラで、なかなか会えなくなっちゃったけど、
こうやってみんなで集まってのGirlsTalkは本当に至福の時間です。

体調を崩すほどの激務の中この会を仕切ってくれたoko、
本当にありがとう。お疲れ様でした♪
okoの時は私がばっちり仕切るから楽しみにしててね!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2006

気分はすっかり・・・

昨日出かけたみなとみらいの街はもうすっかりクリスマスモード。

Vfsh0018_2

上のクリスマスツリーは、毎年みなとみらいの
ランドマークプラザに飾られる高さ8メートルのツリー。
今年は「スワロフスキー クリスタルツリー」です。
約1万個のスワロフスキーのオーナメントの中に
一つだけ「ハート型」のクリスタルが飾られているそうです。

ここのツリーは吹き抜けを利用した大きなものが飾られ、
毎年見ごたえがありまさにクリスマスシーズンのお楽しみ。

クイーンススクエアのプロムナードでは、
高校生達のブラスバンドの大会が。
高校生といえども、素晴らしい出来映えです。
かなり充実した音に出来上がっていて、大音響に弱いマユりんは
時々涙腺がゆるくなりつつ、歩きながら耳を傾けたのでした。

観客に混ざった父兄の方々がビデオや携帯で撮影している姿にも
ほのぼのとした暖かさを感じました。

*******************************

お待ちかね、こゆりにいただいたお土産たちの紹介です。

Vfsh0019

我が家には大小さまざまな「象」の置物があるですが、
この間遊びにきたときに見ていてくれたらしく、
象の置物をくれました。壁にもかけられるとてもセンスあふれるもの。

その他、ロクシタンやこゆりとこゆりのダンナさんがが泊まった
FourSeasonsリゾートのアメニティーソープ、木でできたボール、
バリのお菓子など本当にたくさんありました。
このほかにもokoとおそろいのバリ装飾あふれたポシェットも。
「サイクリングにいいね」とokoが言ってました。

インドカレーを食べながら「こんなにたくさん!」と驚いていたら
「マユりんもベトナムのお土産たくさんくれたから~」と。
大好きな人が喜ぶ顔を私もこゆりもお互いに想像しながら
選んだことを思うと嬉しくてとても感動しました。

真ん中にある「海人の藻塩」は沖縄のお塩です。
これはバリからではなく近所のお店からこゆりチョイスの一品。
ちょっと茶色い岩塩がパウダーになっているものでした。
ちょうどもうすぐ我が家のお塩ストックがなくなるので使うのが楽しみ♪

木のボールは玄関に置いてある鍵やシャチハタなどを入れている
籐のカゴと交換して早速使わせてもらってます。

ロクシタンのソープは靴下を入れている引出しにそっとしのばせました。
お菓子はジョリちゃんに。

こゆり、本当にこんなにたくさんありがとう。
マユりんも南国に行った気分になれました。
どれも大切に使わせてもらうね♪

*******************************

先週は一週間 朝の気温がとても低く、
富士山がとてもきれいでした。
起きてすぐリビングから富士山観察の毎日。

Vfsh0012_2

写真で見るより肉眼でみるほうがもっと近く見えます。

毎朝富士山をを見ています。
今日デジカメの保存画像を見たら、ジョリちゃんも
夕焼けにたたずむ富士山をたくさん撮っていました。

若~い頃はそれほど富士山に興味がなかったけど、
今や冬の朝晩の楽しみのひとつで、
ついつい時間を忘れて見とれてしまいます。

明日からまた新しい一週間。
だんだんベッドから出るのも辛い季節になりますが、
早朝の楽しみがあると少しだけ元気に起きれる気がします。

金曜日にはまたお楽しみ会があります。
それを楽しみに一週間がんばろ~っと。

*******************************

P・S
マユりん、一足早くクリスマス気分に火がついた!
ということで、我が家もクリスマスツリーを出しました★

Vfsh0023

新しいお部屋でのクリスマスツリー。
写真だとちょっと暗いけど、今日から来年の1月6日まで
(NYのロックフェラーセンターのクリスマスツリーと同じ期間)
キラキラ輝く予定です★

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 11, 2006

大人~な夜。

花の金曜日。

okoとこゆりと新宿でお楽しみ会を開催してまいりました。
こゆりリクエストの「スパイスたっぷり」なディナーは
みなとみらいにもあるインドカレー「カザーナ」で。

行ってみたら「インドカレー」だけではなく、
インドネシア料理も加わったお店に変わってた。
カレーは赤豆のカレー、それからタンドリーチキン、
野菜の辛ココナッツソース炒め、ナンなどをオーダー。
タンドリーチキンはおかわりしました。

ビューティー関連や各々に起こった最近の出来事を
報告しつつおなかがぽっこりになるまで食事を堪能した後は、
むか~~~し私がプライベートでこっそり時々通った
ritbar」という大人のバーへお二人を誘って行ってみました
・・・ちょっとドキドキ。
マユりん実におよそ8年ぶりの来店とあって
所在自体が危ぶまれたのですが
おんなじ場所、おんなじネオン。
アンニュイな佇まい雰囲気そのままで存在していました。
細い階段を上がって入店。

このお店のグラスは全てがバカラ。
カウンターで飲むという雰囲気がとてつもなくステキなお店なのだけど
残念なことに10席ほどのカウンターは既にいっぱい。

グランドピアノを囲った席に座るとまもなくJAZZYなピアノの
生演奏が開始されました。
okoが頼んだ「洋ナシのカクテル」がとてもおいしいの。
グラスもため息が出るほどかっこよくてホレボレ。

客層もかなり高めで大人の遊びを知っていそうな方々ばかり。
黒服のサービスも決めこまやかなもので、
トイレにたつときも椅子を引いてくれたりとかなりハイクラスなもの。

日常では味わうことのない雰囲気とグラスと叔父様達に囲まれて
花の女盛り3人はちょっと特別な夜を過ごしたのでした。

ピアノを弾いていた女性、アレンジテクニックはすばらしいものなのだけど
服装、髪型、お洋服、笑顔といった全てにおいてちょっと残念なものが
あり、それだけが悔やまれます。余談ですが・・。

高校生の頃、子供の頃から習っていたクラシックピアノに飽き、
ああいうグラウンドミュージック的なピアニストに憧れて
レッスンに通ったことがあります。
先生から初日に言われたことは、オリジナルアレンジのレパートリーを
まずは50曲そろえる事ということでした。

ディズニーから始まって、往年のポップス、JAZZなど必死に勉強して
独自のレパートリー30曲あたりでふと我に返り気づくこと。
それは「私、人前でピアノを弾くのがキライだった・・・」。

3歳の頃からレッスンに通い、発表会にも出ていたけれど
練習はいつも家族のいない時、誰にも聞かれないときにやっていて
仕方なく人に聞かせる時には完成度の高いものしか披露しないという
暗黙のルールが私自身にあったのです。

何より弾いている姿をじっと見られるのが嫌だった~。
それに耐えられる人しかああいったBARでのピアニストのお仕事は
できないんだな~~。。と実感。

今でもピアノは私の人生になくてはならないものだけど、
ジョリちゃんもいないとき、電子ピアノでヘッドフォンをつけて
ポロロ~ンと気軽に弾くのがやっぱり私のスタイル。

好きなことを仕事にしたくないというのが持論でもあるし、
夜のお仕事も夕方5時を過ぎると「眠い眠い病」の私には
絶対無理だし、昨日のように時々オーディエンスとして
うっとりさせてもらうのが一番いいように思えました。

さてさて、
今日はこれから雨の中、横浜みなとみらいへ繰り出します。
今朝は7時ごろドッカーン!という大きな雷で目がさめました。

明日はおうちで少しゆっくりしよう~っと。
今週末はお天気が悪いのでサイクリングの予定はありません(笑)。

では、また。

P・S バリ島帰りのこゆりにたくさんのお土産を頂きました!
   次回、ぜ~んぶ紹介したいと思います♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »