« ありがとうを100万回 | Main | 専属シェフ。 »

July 08, 2006

おめでとうのゴハン会。

先週の土日は二日間連続で親戚のイベントに参加してきました。

父は6人兄弟なのですが、そのうちの二人が海外に居住しています。
先週の土曜日はその兄弟の一人、
ニカラグアから一時帰国していた美佐おじちゃん夫婦との会食でした。
みなとみらいのヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの
31階にある「驊騮(かりゅう)」にておばあちゃんを囲んでの
中華ランチでした。

観覧車を見下ろすガラス張りの個室でおばあちゃんを囲んでの乾杯。
コース料理はもどれもおいしく、おなかにちょうどよく、
笑いもあり楽しい時間でした。

Vfsh0020 Vfsh0021

蟹と卵のスープとジューシーな小籠包。

Vfsh0022

牛ヒレと袋茸の山椒風味炒めとアボガドのグラタン。
デザートは杏仁豆腐のパイナップルソース添え。
ビックリするほどおいしくて、おかわりしたいくらい。

その翌日の日曜日もイベントでした。

美佐おじちゃんたちがニカラグアから一時帰国したのには理由があり、
美佐おじちゃんの長男、暁(あきら)が念願の動物病院を開業したのです。
七夕の開院を前に、お披露目会が執り行われました。

お祝いを持って駆けつけましたが、こじんまりした
明るい院内を案内されてから近くのお店でまた会食。
暁がやとわれ獣医だった頃の恩師や私たち親戚みんなで
暁をお祝いし、激励し、酔ったおじ様全員からダメ出しありなどの
それはそれは楽しいお披露目会でした。

ジョリちゃんとうちの父が酔っ払って
どんどん目に余るようになってきてしまい、
離れたところで接待していた母と何度も「やぁねぇ・・」とアイコンタクト。

おじ様たちもどんどん酔っ払って、まさに披露宴そのもののような雰囲気。
御開きになってからもう一度病院を見学しに行って、
父たちを実家まで送り届けてから家に帰ってきました。

ジョリちゃんは完全に酔いつぶれ、車に乗ったが最後、
家に着くまで一度も起きませんでした。

暁が開業にこぎつけるまでの紆余曲折を思い返しながら
私は真夜中の道を一人、ビリージョエルを聞きながらドライブ。
助手席でおおいびきのジョリをときどきつねったりしてみながら
なんとか我が家にたどり着きました。

疲れたけど気持ちのいい週末でした。
私はその後風邪をひきました。
微熱の続く一週間。

昨日の金曜日は会社の健康診断。
フラフラ状態で渋谷へ出向きました。
同僚と一緒に受けたのですが、同僚と話していたら
パワーをもらったのか、どんどん元気に。

前夜9時以降は食べ物はもちろん、水分もダメという状況を
乗り越えた自分たちへのご褒美という名目で
健康診断が終わってから二人で豪華なお寿司を。
美登利寿司という行列のできるおすし屋さんでセットを頂き
その後はカフェに移動して色んな話をして別れました。

夜は私が幹事を勤めていた横浜で開催された友達の
お誕生日パーティーに参加してきました。

朝の状態ではとてもじゃないけど参加はムリかと思っていたけど
もうすっかり元気になっていて、むしろはしゃぎすぎました。

今回のディナーはワールドカップ開催にちなんでドイツ料理をセレクト。
横浜ルミネにある「つばめグリル」を予約しておきました。
名づけてジャーマン七夕ディナー。

Vfsh0024

「つばめグリル」の名物料理、
ルクルーゼでテーブルに運ばれるその名も「ドイツ鍋」を堪能して、
プレゼント贈呈や思い出話に花を咲かせた楽しい一夜でした。
食べ過ぎた後は少し歩いたところのソファー席のあるカフェで
デザートの奪い合いというエキサイティングなこともして、
再会を約束をしておひらきに。

同僚や友達からたくさんパワーをもらった身体で電車に乗って
坂を登って帰ってきました。

今日はジョリちゃんの地元の夏祭り。
少しゆっくりしてから二人で出かけてみたいと思います。
お義父さんとお義母さんにも会えるかな?

ジョリ実家の愛犬フォスちゃんとタケにも会いたい!

みなさんもよい週末を!

|

« ありがとうを100万回 | Main | 専属シェフ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84923/10844088

Listed below are links to weblogs that reference おめでとうのゴハン会。:

« ありがとうを100万回 | Main | 専属シェフ。 »