« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 30, 2006

つれづれ日記。

最近思うことを、今読み返している
銀色夏生のつれづれ日記風に少しずつ。

・女性専用車両について
毎朝乗っていますが、快適を得るためには不快感もつき物。
さあ、すわれたら少し寝ようと思って座るのだけど、
隣に座った人が、こっくりこっくりすると
そのリズムでこっちはまったく眠れない。

思わず「さっき起きたばかりでよくそこまで寝れるね」
と、心の中で思う。信じられないという強い気持ちで。

電車の中でのお化粧率が高いです。
ついジーっと見てしまうのだけど、
まったく気にしていないツワモノが多い。
それをあてにして、お化粧しないで家を出てくるって
ある意味ギャンブルなんじゃないかな。
絶対に座れるって保証はないのに。

あと、やたらとかばんをガサゴソしている人が多い。
そのたびに、ひじが私の脇に当たり、とってもイヤ。

それと、座っていると前に立っている人のハーフコートのすそが
ひざにふわふわあたって、くすぐったくてたまらない。

・毎日顔を洗うことについて
毎晩お化粧を落とすのが面倒。面倒なことは先に済ませたい。
私は、お風呂からあがったらできるだけすぐにベッドに入りたいので
先に顔だけ洗うのも考えるのだけど、
顔だけを洗う時に、腕の外側のひじまでが濡れるのが嫌い。
・・・ということを母も同じだということを何年か前に知って
ちょっと嬉しくなった。こういう同じって嬉しい。
それからは堂々と、「顔だけ洗うのが嫌い」と誰にでも
言えるようになった。そのこともとても嬉しい。

お風呂に入って顔を洗ってスッキリするのは大好き。
だからいつも、寝る前のお風呂がとっても楽しみ。
そのスッキリ感を楽しみにしているのにもかかわらず、
面倒面倒と思ってズルズルしてしまう。

でもたぶん、お風呂に入って顔を洗ってスッキリするのが
一日の中で一番気持ちがいいときだと思う。
次に気持ちがいいのはベッドに入ったとき。
思わず「ふぅ~」って声が出るときもあるほど。

・TVについて
TVを、見てもいないのにつけている私。
ふいに耳に入ってくる情報に、ハッとしたり
う~ん・・・と唸ったり、涙したり笑ったりしているけれど、
今の時代の情報の多さ、ほとほと疲れることがある。

インターネットも同じ。
調べたいことを調べたいだけなのに、
ひとつ検索するとあまりにも色々な情報(例えば誰かの体験談とか)
まで知ってしまって、いいこともあるけど、知らなくてもいいこともある。
ってことにやっと気が付いてきた。

アンテナをしぼりたい。

・本を読んでいるときのこと
本を読んでいて、小説でもエッセイでも
その人の声なんかまったく知らないのに
自分の中で勝手に理想の声を作って読んでいるときがある。
だから、時々、映画化されたりドラマになったり、
実際の本人が喋っているのを見たりすると
ビックリするほど差異があって、時々がっかりで
時々、得した気分になる。

最近では、モデルのSHIHO。
これは得した気分になったいい例。

がっかりしたひとのことは、あえて書かないでおこうっと。

・母について
今日久しぶりに長い電話でいろいろ話した。
彼女はこの春、色々変化を迎えているのでどんな心境か聞きたくて
今日は色々聞こうと思って電話をしたのだけど、
本当に色々しゃべってくれて、私が想像もしていなかったことに
一歩、足を踏み入れていたということがわかった。
足を踏み入れてから今日でちょうど二週間だと言っていた。
でもその世界に足を踏み入れるまで、ものすごく悩んだらしい。
「だから、本当はまだ少し怖いの。」

江戸っ子なので日ごろは頼もしくもあり、
だけど妙におっとりな人。

いい意味ですごく「オレ流」な人なのだけど、
年をとったからなのか、とても世間を気にしだしていることもわかった。
「このこと、人にはまだ言わないでね」というようなことを、
今日の電話だけで4回は言った。

そういう類のセリフを今まで彼女から聞いたことがなかったので
少しビックリして、言葉を失ったくらい。
でも、今そういう心境の人に「それはあまり気にしなくていいと思う」
とか「堂々としていいんだよ」とかは私は言わないタチなので、
「うん、うん」と聞いた。

それがよかったらしく、この数ヶ月父にしか話してなかったことを
もう一人の人(つまり私)に言えたことが嬉しいと話してくれた。

だから私も、安心。
安心ってダイジ。
言いたいな~と思ってることを言ってスッキリするより
もっとダイジな気がした。でもそれは今日みたいなケースだから。

言って安心させてあげようと思っていても
当人にとっては言われていやなことってあるしね。

次に話すときまでに、言った私も安心できて
言われた彼女も気持ちよくなるような言葉を考えておこうと思う。

目の前の雲がサーーっと流れていくような、
いい言葉をじっくりと考えたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2006

make me happy!

TVを見ていて写った食べ物が、
後日どうしても食べたくなることってありませんか?

今週、TVを見ていて片隅にほんの少し、
チラっと写っただけなのに、
どうしてもどうしても食べたくなったのはコレ。

VFSH0116

作ってみました。

オムライスをオムライスらしく作るのは
実はこれがはじめて。
でもオムライスって、見た目も重要なものですよね。
トロトロ卵があんまり好きじゃないので、
卵はきっちり焼きました。

食べたいな~と思っていたものを食べれる幸せ。

夜勤明けで寝ていたジョリちゃん用にも
作って置いておきました。

朝起きてリビングに行ってみたら
テーブルに「おいしかったよ!」とのメモが。
二度、嬉しかったです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 24, 2006

イシイ君。

祝日明け、会社のイシイ君との会話。

マユりん(以下:マ) 「WBCすごかったね~」
イシイ君(以下:イ) 「すごかったっすね~」
マ 「感動しちゃったよね」
イ 「ホントっすね、ヤバかったっすね」
マ 「日本人選手全員誰もが一通り活躍したよね、ムダも一切なかったね」
イ 「特に福留がいい仕事しましたね」
マ 「ほんと!プレッシャーに強いんだね~」
イ 「すごいっすね~」
マ 「マユりんだったらバッターボックスに行くまでに
   緊張で足が絡まってコケちゃうね」
イ 「!!マジっすか?」
マ 「うん、上も下もわからなくなっちゃうね」
イ 「!!!!・・・そんなにっすか??」
マ 「うん、間違いないね」
イ 「・・・マユりんさん・・・、がんばりましょうよ」
マ 「は~~~い♪がんばりま~~~~す!」

その翌日、同じくイシイ君との会話。
※必要なFAXをみんなで数日待っていた時のこと。

イ 「FAXぜんぜん来ませんね」
マ 「ぜんぜん来ないね」
イ 「ちょっと遅すぎますよね」
マ 「仕事進まないよね」
イ 「催促しないんですかね」
マ 「(新人だからわからない)う~ん、どうなんだろ」
イ 「まいったな~、仕事溜まっちゃうな~」
マ 「・・・こんな感じ?」

といって、まず右手をグーにして、右こめかみの上へ。
次に左手をグーにして、左こめかみの上へ。

イ「そ・・・それって、まさか、珠緒?」
マ「そこ、あんまりひっぱらないように!」

ひとしきり笑った後、しかし、ふと考えてみる。

イシイ君のフィルターを通したマユりんて、どう見えてるんだろう・・・。
イシイ君が誰か友達に「会社にこんなおばさんがいるんだよ」って
私の噂バナシをしている現場に行ってコッソリ潜入してみたいぞ。

ちょっとのショックはもちろん覚悟のうえ。
20代前半の男の子からみた、30代後半の私ってものを知っておきたい。
知っておくべきとも言う。自分のために。

それから、ぜんぜん話は変わりますが
今、コレにはまってます。

1201_01

pinoの「ビターチョコ」です。
期間限定らしいので、今のうちに食べたいだけ食べておきたいです。
みなさんも、ぜひ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2006

本日開店。

最近のすれ違い生活で、一時期二人の間で
ブームになった居酒屋めぐりがなかなかできないので、
昨日の夜、おうち居酒屋を開店しました。

VFSH0109

メニューはこんな感じ。

・真鯛とサーモンのお刺身サラダ
・牡蠣のバターソテー
・海老といんげんのタオチオ炒め
・餃子
・たらこごま油焼き
・手羽中のカレー煮込み

全部いつものスーパーで買えるものだけで
ちょっとずつ簡単にできるものばかりを考えました。

営業開始は午前12時半(オソ・・・)。
私はもう既に相当眠かったのですが
二人で色んな話をしながら食べたり飲んだり。
お互いに仕事のことや最近考えてることなど
久しぶりに身のある会話ができました。

すっかりおなかも胸もいっぱいになり、
シャワーを浴びてベッドに入ったのは
朝の4時半ごろ。マユりん夜更かしがんばった!
今日はすっかり朝寝坊させてもらいました。

今日は夕方、余っていたあまおうを使って
ジャムを作ってみました。
ジャム作りなんて初めての挑戦。
ホーロー鍋がないのですが、
小さなテフロンのミルクパンで作りました。

イチゴってすごいアクが出るんですね。
はじめての発見。
冷蔵庫にダロワイヨのカンパーニュがあるので
夜のおやつに後でパンにつけて食べてみたいと思います。

ジョリちゃんは夜勤に出かけていってしまったので
明日、味見してもらうことにしました。

う~~~、楽しみ♪
おいしくできてたら少し自信がつくので
夏になったらキウイのも作ってみたいと思っています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 19, 2006

ヘアカット・リベンジ

一週間、我慢と努力のマユりんのおかっぱヘアー。
土曜日は早速リベンジに行ってきました。

今回はWEBのヘアカタログからあらかじめ
近いものを写メに撮っていき、それを見せて
「これくらいの短さで、こんな感じの毛先にしてほしいの」
というのを提示しました。

前回は私の説明能力の低さと、
美容師のお兄さんの好みが微妙な感じに入り混じって
おかっぱに仕上がったのだと私なりに結論が出ていたので
今回はそうしたことが大正解。

まぁ細かいことは色々あるのだけど、
一通り、思っていたようなスタイルに仕上げてもらえました。

「二週続けて来させちゃったおわびに」ということで、
次回はカラーをサービス料金で行っていただけるようです。
ふふ、なんだか得した感。

日曜日の今日は、ジョリちゃんとまたまた久々の
一緒の休日を、野球を見ながら過ごしています。
最近はこういった時間も一月に一回のペース。

久しぶりに一緒に過ごせるんだな~と思うと
やっぱり美味しいものを作りたくなります。

今日はトマトカレー。
ヨーグルトで手羽中の下ごしらえをしておいたので、
おいしくできました。ルクルーゼ効果もあって、
骨からポロっと取れるくらいやわらか~く仕上がりました。

VFSH0108

外に洗濯物を干したくないので、
家の中に干すスペースが少ない我が家では
お洗濯は週末の間に何回も回すことになります。

今日までまったく思いつかなかったのですが
お風呂場につっぱり棒を通して
そこに軽めの物をかけておくことにしました。
換気扇を回しておけば、少しは早く乾くようです。

乾くまでのにおいが気になるところですが、
ダウニーを使えばその悩みもも解消されます。
花粉の時期はまだもうちょっと続くので
楽しみながらなんとか乗り越えたいと思います。

今のところ薬は一切飲んでないし、
スプレータイプのお薬もまだ一回も出番がありません。
全てマスクで補えています。
苦しくてたまらないという経験も今年はまだ発症していません。

去年は本当に異常だったのでしょうね。
外から帰ってきたらできるだけすぐにシャワーや
お風呂で花粉を落とし、普段過ごさない部屋に
コートをかけて、一刻も早く花粉から解消されようと
努力しています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 14, 2006

おいしすぎる週末。

土曜日に、思いっきりスパっと髪を切りました。
気分転換・・・というわけではなく、
もう長すぎて痛みすぎていたので
思い切ってバッサリいってしまいたかったのです。

しかしいつもお願いしている美容師さんが
私の短い髪型を好まなく、なかなか切ってくれず、
いろいろなヘアカタログを私に見せながら、
ロングのままを薦めていました。

でも私の心はもう固~~く決まっていて
肩の上あたりを指差しながら
「いいの。これくらいまでは切って!」と何度も叫び
ついにはさみを持ってくれました。

そして、本当にバッサリいきました。

でも、まだ私の希望の短さには到達していません。
何度も何度も後ろから鏡を見せてもらって
「う~ん、もうちょっと切って」
「じゃぁあと2センチね、はい、切ったよ、どう?」
「う~~ん、もうちょっと切って~」
「え~、もうやめとこうよ~、もう20センチくらい切ってるよ」
「いいのいいの、もっともっと切って♪」
「じゃぁあと2センチだけね」

・・・というやりとりを繰り返して、
やっと出来上がった髪型。。。
それは・・・ただのおかっぱ。。。。

そりゃもう、ブーたれましたYo。
それを笑いながら見ている彼。

「来週もう一回くるね」と言ったら
笑って「はいは~い」と言ってました。
なのでまた土曜日に行ってきます。

そして日曜日。
お楽しみ会をしてきました。

親友のokoとその実姉であるこゆりの美人姉妹にと
恵比寿にある『グレートアペタイザー』というお店で
ランチデートをしてきました。

okoが大きなことを成し遂げたお祝いでもあったので、
シャンパンで乾杯。
oko、本当におめでとう、よくがんばったね!

三人ともブランチコースを選び、
私はベトナムで食べることができなかった
「ソフトシェルクラブのサラダ」からスタートして、
メインは200グラムは軽くあるだろうというビーフステーキ。

VFSH0101
ソフトシェルクラブのサラダ、ワカモレ添え。これ、最高デシタ。
お肉の写真は撮り忘れ、デザートの写真はボケていました(笑)。

デザートもクリームチーズのアイスや小さなキューブケーキの
乗ったワンプレート。

おかわりはモヒート。
お酒に弱いokoは最初のモヒートで顔を真っ赤に染めて
お酒の強いこゆりはお肉にはきちんと赤ワインをチョイスしていました。

お店はとてもおしゃれで、明るくて、
「こんな家に住みたいね~」と言わずにはいられない
雰囲気に包まれています。

VFSH0104

しかし残念なことに今月15日で閉店。
来月には新しくフレンチテイストに変わってしまうそうです。

三人で記念撮影。

VFSH0105
※ほらね、マユりんてば「おかっぱ」でしょ?
こゆりもokoも超美人!
いつもこっそり色々盗ませて頂いています。

3時間ほど居座って、おしゃべりしながら楽しい時間を
過ごしました。すごく楽しかったです。

そのあとは初めて3人でカラオケへ。
こゆりの歌う「Call Me(映画バクダット・カフェのテーマソング)」
がものすごく上手と聞いていたので
歌って歌ってとおねだりし、最後に歌ってもらいました。
噂どおりすごい上手。

また歌ってもらお~~っと♪

次のデートはこゆりのおうちに再びおじゃまして
こゆりのダンナさんのプロフェッショナルなサービスを受ける
という贅沢極まりないもの。
今月中に実現しそうです、ものすごい楽しみ。

この週末は土曜日の朝、お洗濯しただけで
後は仕事も家事も忘れて
思いっきり自分の好きなことをして過ごしたので
本当の意味でのリフレッシュができました♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2006

今週末の我が家。

新しいお仕事をはじめてから一ヶ月が経ちました。

まだまだ不慣れな事、覚えきれない事が沢山ですが
毎日がんばっていますよー、と言っておきましょう。

それと同時に6月のライブに向けて、
予習と復習の毎日です。
もう15年近くこのアーティストの曲を好んで聞いていて
カラオケでも時々歌ったりしているけれど、
改めて聞いてみると忘れてる部分がけっこうあったりして。

新しいアルバムが出たばかりなので
買わなくちゃと思っていたらジョリちゃんが持っていました、
全曲ラジオから落としたそうです。やるじゃん!ラッキー♪
さっそくもらって私も自分のPCで聞いています。

昨日の土曜日朝起きてから洗濯をして
家の中のありとあらゆる場所に干しておいたら
部屋干しを嫌うジョリちゃんが夜勤から帰ってきてすぐに
「部屋干しいつまで続くの?」と聞いてきました。
まだもう少し続くよ~ごめんね~と答えたらすごくイヤそうな表情。

「あのねジョリちゃん、ジョリちゃんには悪いんだけど、
洗濯物が部屋に干してあってジョリちゃんがイヤだな~と思うのと、
私が花粉で辛いな~と思うのとを比較したりしないで」と言ってみたら
言い終わる前に「ごめんよ~、ごめんよ~~」と言ってギューしてきたので
すぐに許しました。

憎むべきものは花粉です。

そして夜になって眠りから覚めたジョリちゃんが
焼肉に連れて行ってくれました。
焼肉久しぶり♪
家の近くのお店がつぶれてしまったので
少し離れたところにあるお店まで車で行きました。

帰りは私の運転。
久しぶりに運転しましたが運転自体は問題なし。
ただ車幅の感覚がわからなくなっていました。
やっぱりもっと運転しなくちゃダメだな~~~。

帰りにセブンイレブンでアイスを買ってもらって
仲良く帰ってきました。

今日は年末の大掃除の時にすっかり忘れていた
キッチンと廊下を仕切っているドアのガラスを拭きました。
案の定ものすごく汚れていました。今はピッカピカ。

ブランチに和牛を使ったオムハヤシを作りました。

VFSH0100

ジョリちゃんそれを食べてまた夜勤に出かけていきました。
今週もまたすれ違いの毎日のはじまり。

かろうじてゴハンでつながっている私たち夫婦なのだから
おいしいものを作ろう!と思ってもついつい簡単なもの
ばかりになってしまいます。
お仕事していない時のようにあれこれ作る事が
どうしてもできない。。。

それに作って置いておくものって限りがありますよね。
例えば焼き魚なんかは作って置いておくことができない。
パスタもパスタソースを作っておいて
食べる時にパスタを茹でてもらって・・・ってなってしまう。
でも夜勤から帰ってきてパスタを茹でるって面倒かなって
思うと、あんまり適したものではないのかもと思います。

暖めるだけで食べれるものと考えると
どうしても炒め物とか煮物だとかになってしまいがち。
ゴハンもタイマーセットでできるだけ炊き立てを食べてほしい。

む~~~、働く主婦はもっと賢くないと!と日々反省です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »