« く・・・苦しい! | Main | おいしいベトナム! PARTⅠ »

August 14, 2005

映画を二本。

手足が痒いので、映画を借りてきて見ています。

一本目は「みなさん、さようなら」という映画。

      sayonara

2004年アカデミー賞、最優秀外国語映画賞受賞作品で、
ずっと見てみたかったこの映画を、やっと見ることができました。

物語は、死期を迎える偏屈なパパ「レミ」の最期を
友人達、息子、息子の婚約者、ヘロイン治療のために呼ばれる
ヘロイン中毒者、そして妻が看取るお話し。
こんな単純なストーリーなのですが、
それぞれの人の人生にドラマがあり、気持ちがある。
それにこんなに安心した気持ちで「死」というものを
見届ける事ができるなんて・・・という映画です。
そして、悲しいだけじゃない、色んな意味の涙が。
レミ、とても可愛いお父さんです。

映画はカナダとフランスの共同作成。
初めてフランス語の映画で心打たれるものに出会った気がします。

大人の作品です。
興味を惹かれた人は是非どうぞ。

※原題が知りたい。

そして、二本目はトム・ハンクスの「ターミナル」でした。

      Terminal

全然見たいと思ってなかったところにダンナさんが借りてきて、
私が眠ってる間に何度も見たという彼から、
「面白かったよ、見てみなよ」との指令がくだり一人で見ました。

前評判すごくよくなくて、感動巨編かと思ったけどぜ~んぜん!
などと聞いていたので全く興味なかったよん。

で、見てみたんだけど・・・。
そんなに悪い映画じゃ~なかった。。。
というのが正直な感想ではあるけれど、
やっぱり「キャスト・アウェイ」のほうが楽しいと思いました。
トム・ハンクスのあわてっぷりはやっぱり最高だけど、
「キャスト・アウェイ」にはかないません。
それにやっぱり感動巨編ではないです、決して。

トム出演の映画で絞り込んでやっとの思いで「感動巨編」
と言えるのはアレ、アレだけしかない。「フォレスト・ガンプ」。
「グリーンマイル」はオカルトチックだし。

映画「ターミナル」の名ゼリフとも言える
「クラコージア!」は、しかし今や我が家の合言葉となりました。
※「キャスト・アウェイ」見た直後の我が家の合言葉は
「ウィルソン!!」でした。

「クラコージア!」に興味のある人は、是非ご覧あれ。
ちなみにこれは架空の国名。

近代的なJFK空港を見れただけでも満足かも。
この映画の舞台である空港は、実は全てセットです。
セットだからこそ実現できた夢の空港って感じで、
「行ってみたい!」と思わず思ってしまいます。

|

« く・・・苦しい! | Main | おいしいベトナム! PARTⅠ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84923/5463796

Listed below are links to weblogs that reference 映画を二本。:

« く・・・苦しい! | Main | おいしいベトナム! PARTⅠ »