« おいしいベトナム! PARTⅠ | Main | おいしいベトナム! PARTⅢ »

August 14, 2005

おいしいベトナム! PARTⅡ

二日目。マユりんが目覚めたのは朝の8時(日本時間10時)。
寝すぎっていうくらいたっぷり寝たので元気いっぱいです。

今回の旅行は、飛行機とホテルと朝ゴハンがついてるものを選びました。
さっそく支度をして、ホテル内にあるレストランへ。
ブッフェ形式で、アメリカンやベトナム料理を好きなだけ選べます。
マユりんはフォーとお粥と、ソーセージなどをお皿によそって、
満面の笑みでテーブルにつきました。

食べ始めて間もない頃、マユりんに異変が。
おなかがいたい。痛いいたいイタイ!!
えー、ヘンな汗がでてきた。しゃべるのも辛い!いた~~~~い!

もう本当に地獄のような痛さです。
ダンナさんに説明する事もできない痛みだったので、
「ちょっとゴメン」とだけ言って必死に歩いてお部屋に戻りました。
ベッドでゴロゴロしてみたけれど、痛さは増すばかり。
今まで経験したことのないようなものすごい痛み。
苦しい、息が出来ない。
何がいけなかったのだろうかと、死にそうになりながら考える。
思い当たったのは、前日の夜のクアンアン・ゴン。
すごーーーく楽しみにしていたハーブをこれでもか!というくらいに
食べまくっていたこと。。。

ベトナムでは野菜を育てる肥料に人糞を使っているって何かで読だのを思い出しました。
人糞なのだから寄生虫がいる可能性大です。

苦しい腹痛に耐える事、その間約30分。
戻ってきたダンナさんにお願いしておなかに手をあててもらいました。
すると、スーーと痛みが引いていきました。
時々おなかが張ったときなど体温が高く厚みのある彼の手をあててもらうと
治る事があるので今回も試してみたところ本当に治りました。感動。

痛みがひいてから、「ハーブかな」と聞いてみたら
「だって真由子、葉っぱ食べすぎだよ」と言われました。
だけどもし食中毒なら必ず下痢をするから、違うかもとも言われました。
下痢もなく熱も出ないので、未だに原因は不明。とにかくものすごい痛みでした。

喉元過ぎればケロリと熱さを忘れてしまうマユりん。
「治ったよ!でかけようよ~」とダンナさんを急かしましたが、
「治っても少し休んでたほうがいい」と叱られたので、お昼まで静かに過ごしました。
その後また街へ。外は肌寒く、カーディガンを忘れてきた事を後悔しました。
※この日以来ありとあらゆるお店で上着になるものを探しましたが、
長袖自体ほとんどありませんでした。そのくせダウンなど売っていました。
この日は「テダム通り」というバックパッカーが集まる安宿街へ行ってみることに。
安いツアーの会社などが沢山あるのです。
お土産なんかもあるかもしれないと楽しみにしていました。

ホーチミンにある大きな市場の近くと、
電気街によってから、テダム通りに向かいました。

途中、突然激しいスコール。折りたたみ傘などなんの役にも立ちません。
豪雨が1時間くらい降っていました。
私たちは大きな木の下で雨宿り。雨は激しくなる一方で、
近くにあったお店のパラソルの下に非難しました。
お店のおばちゃんが、「こっちへどうぞ」と椅子を出してくれたのですが、
そこまでとてもいけないくらいの強い雨でした。

テダム通りには、沢山の外国人がいました。
朝ゴハンをちゃんと食べていない私は、おなかがすいていたのでカフェに入りました。
お店の名前は、「GoGoCafe」です。
そこで、チャーハンとベトナムコーヒーで入れるアイスコーヒーを。

DSC02504 DSC02505 DSC02506

・市場近くの道。夜になると屋台街になります。
・同じく市場近くの道。日用雑貨、魚、肉など色んなものが売られています。
・雑貨屋さん。小さなお店いっぱいの商品。


DSC02507 DSC02508

・電気屋さんの街へ。小さな秋葉原です。
 マユりん手ぶらにみえますが、違います。ウエストポーチを前にしているのです(スリ防止)。
・同じく電気街の一角。ホーチミンでは今携帯電話の普及がお盛んです。


DSC02514 DSC02511
DSC02509 DSC02515

・「Go Go Cafe」の店内。ベトナムとは思えないほどモダンです。
・チャーハン。シンプルなお味です。
・アイスコーヒー。ミルクではなく練乳入りです。おいしい!
・左側のうすいピンクの建物の一階にカフェがあります。


おなかもいっぱいになったので、テダム通りを満喫する事に。
さすがに外国人が目に付きます。小さなホテルがいっぱいあって、お土産屋さんもたくさん。
ツアー会社も軒を連ねていてとてもにぎやかな街でした。

DSC02520 DSC02518
DSC02522 DSC02516

・テダム通りの入り口。
・テダム通りの街の風景。バイクのおじさんたちは「バイタク」というバイクのタクシーで、
 客待ち中。前を歩くと勧誘されます。「バイク?」「バイク?」と。
・テダム通りのホテルたち。細くて縦長いのが特徴。
・比較的新しい建物と、古い建物。増築がうかがえる。


歩いている間に入ってみたいと思っていたカフェを見つけておきました。
一通り歩き回ってから、そのカフェまで戻りました。
お店の周りをグルっと竹でかこってあり、気持ちがよさそうなカフェ。
お店の名前は「AllezBoo」。カフェバーです。
入ってみました。私はここでシントーというベトナムのシェークを。
フルーツと練乳で作ってくれます。マンゴーをチョイスしました。

DSC02517 DSC02526
DSC02527 DSC02530

・「AllezBoo」の外観。
・気持ちいいオープンエアーのテーブル。
・シントーとダンナさんのビール。またSaigonビール。
・フレンチフライを頼んだのでスパイスを色々。湿度でお塩は固まっていました。


テダム通りではサンダルや洋服やバッグを少し見ました。
刺繍がほどこされているものがほとんどで、かわいいです。
なのに不思議と、ほしい・・と思うものには出会えませんでした。

テダム通りを後にして、また周辺を歩いてみることに。
歩いていると偶然、原宿を小さくしたような街に出ました。
これまたラフォーレを小さくしたようなデパートもあったので、
ここだ!と思ってカーディガンを探してみましたが、やはり皆無。
道の両側にブティック風のお店が沢山あったので、覗いたりしていたら夜になりました。


あまりおなかもすいていなかったので、「国営デパート」にあるスーパーによって
お菓子を買ってから、ベトナムゴハンで楽しみにしていたひとつ「バイン・ミー」に挑戦。
あらゆる街角でうられている、フランスパンのサンドイッチです。
買っていってホテルで食べる事にしました。

具はハムやレバーペースト、それに日本のナマス(お正月に食べますよね?)のような
大根とにんじんのピクルスのようなもの。それにハーブなどです。
ハーブに懲りないマユりん。でも少し怖い気持ちもありました。

「バイン・ミー」とパイナップルを絞ってくれる100%ジュースを買ってホテルに戻り、
早速食べてみる事に。ううう、楽しみすぎてよだれが出ちゃうよー。
食べてみると、えーー!おいしいーーー!パンがものすごくおいしいです!
中にはさんであるハムも高級ハム??っていうくらいにおいしいのです。
パイナップルジュースは氷が溶けて薄かったけど・・・。

DSC02531 DSC02533

・小さな原宿。マネキンには髪の毛がありません。どのお店でもそうでした。
・ほっぺが落ちるほどおいしいバイン・ミー。ダンナさんと半分こして食べました。


おいしかったねー、おいしかったねー、と言っていたら本格的におなかがすいてきたので
フォーを食べに行く事に。ベトナムで初フォーです。
やっぱり少しはハーブが怖くなっているので、屋台はなるべく行かないようにしてました。
そこで、ホーチミンの随所にあるフォーのチェーン店、「フォー24」へ。

フォー・ガーと、フォー・ボーを頼みました。
フォー・ガーの方は蒸した鶏のモモ肉、フォー・ボーは牛肉(レア)が入っています。
飲み物はマユりんここでもマンゴーシントー、ダンナさんはコーラ。
食べてみると、!!! これもおいしいーーー!!
なんだか安心する味。おうどんでもないしラーメンでもないけど、すごいやさしい味でした。
普段麺類のスープを飲み干す事のないマユりんですが、ごくごく飲みました。

DSC02643 DSC02535

・「フォー24」の外観。24種類のものから作ったスープとのこと。
・フォーです。ハーブも沢山出してくれます。ライムを絞って食べます。
  ここのフォーはテイクアウトも可能です。


あー、おいしかったねーおいしかったねーーー♪とまたもや言い合いながら、
夜のホーチミンを少しお散歩。物売りの子供たちやマッサージの勧誘などにあいながらも
とても楽しい夜でした。
※この物売りの子供たちにはこの日から毎晩、ホテルにもどる道中出合うことになります。
「ノー、ノー」と言ってもどんなに首を横にふってもワンブロックはついてきます。
それもダンナさんに集中して。私たちが手をつないでいても不思議と女性は無視なのです。

シャワーについて攻略法を考えました。
髪の毛、身体、顔、歯磨きなどは少しずつ時間をおいて別々にすることにしました。
バスルームの電気と換気扇が連動していて、
電気をつけると換気扇も回るので、水になると寒いのです。
最後の二日間は、私は電気を消してシャワーを浴びていました。

24時頃就寝。沢山歩いたのでスーーっと眠りに落ちました。
気持ちよく眠ったのですが、どうやらマユりん寝言を言ったようです。
「あけて~~~!」と言っていたらしいです(笑)。

・・・PARTⅢに続きます。お楽しみに♪

|

« おいしいベトナム! PARTⅠ | Main | おいしいベトナム! PARTⅢ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84923/5466725

Listed below are links to weblogs that reference おいしいベトナム! PARTⅡ:

« おいしいベトナム! PARTⅠ | Main | おいしいベトナム! PARTⅢ »