« ないものだらけの酢豚です。 | Main | ゴハンとおやつ »

July 08, 2005

おいしい京都

京都に行ってきました。
ダンナさんのシフトが急変し、突然の3連休。
初日のお昼前、「京都に行きたい」と言ったら本当に行くことに。

…ということで、今日は「京都レポ」。
相変わらず食べてばかりの旅、写真もいっぱいです。
長くなります。お時間のあるときにお楽しみください♪

急いで用意をし、行きたいお店や御宿の予約を取ったりしてから、
家を出たのが1時半頃。それからCDを借りたり給油をしたり。
結局高速に乗ったのは3時でした。

「京都までどれくらいなんだろうね~、おなかすいたね~」と言いながら、
雨の東名を飛ばします。名古屋に入ったところで休憩。
天むすを買って車の中で食べました。おいしいだがや!

京都に着いたのは夜の9時でした。
早速チェックイン。今回の御宿は「錦水館」。
小さな和風ビジネスホテルでした。

お部屋で一休みする間もなく外へ。お食事へでかけました。
鴨川に沿ってある細い小路「先斗町通」へ。
両側に建ち並ぶ小さなお店、どれも入ってみたかったけど、
迷った結果「すし昌」という小さなお店に入ってみることにしました。

【写真は例によってクリックで大きなものが見れます】
DSC02293 DSC02294 DSC02295 DSC02297 DSC02291

DSC02302 DSC02303 DSC02304 DSC02306 DSC02310 DSC02312 DSC02313

「すし昌」ではお通しに生湯葉にちりめん山椒がかかっているのがでてきました。
オーダーしたのは、順才のとろろがけ・ゲソあぶり・京野菜のおつけもの・
加茂茄子のゆば田楽~自家製2色のお味噌~・天ぷら盛り合わせ・
そしておでん(京湯葉・京生麩・タマゴ・豚バラ)。

ラストオーダーですと言われるまで食べてました。
「細かくてすみません」と言われて出されたおつりに大爆笑。
ダンナさんは「ご縁があるようにじゃない?」と言っていたけど、
私はしばらくの間、笑いが止まりませんでした。

なんだか勢いがついた私たちは、その後「もう一軒!」となったのですが、
京都の夜は早いのかな(月曜日だし…)、普通の居酒屋さんに入りました。
焼酎をボトルでたのんで飲みながら、京都人ウォッチングをしました。
ダンナさんがそこで、キャップを斜めにかぶっている男の子を見て、
「ねぇ、あれ今流行ってるの?ああやって被ってる人で似合ってる人一人もいないよね」
と言うので、試しにダンナさんのキャップも斜めにしてみたら、
ただの「工事に来たおじさん」みたいでした。またまた笑いが止まらず楽しい夜でした。

翌日の朝、楽しみにしていた場所へ。
ホテルの真裏にある「イノダコーヒー本店」へ。
「テラスでもいいですか?」とお願いし、テラス席へ。

DSC02317 DSC02318 DSC02319 DSC02320 DSC02321
DSC02322 DSC02325 DSC02330 DSC02331

初老のおじ様が一人で葉巻をふかしながらココアを飲んでいたりで
とってものんびりと時間が過ぎる空間でした。
オーダーしたのは、アラビアの真珠(ホットコーヒー)とアイスコーヒー、
それから、自家製ベーコンが乗ったり挟まったりしているクラブハウスサンド。
朝からボリューム万点で大満足。京都で行きたかったお店をひとつ達成しました。

おなかもいっぱいだし、時間もたっぷりあるよ!
さぁ出発!・・・でも実はマユりん、京都は初めて。
どこに行ったらいいの?
ダンナさんは過去に数回京都を訪れでいるようでしたが、
ほとんど記憶にないとか言ってます。
じゃー、もう普通に観光しよう!と決まって、
まずは清水寺へ向かいました。

車をとめて、清水寺へ向かってあるいていると、
人力車のお兄ちゃんに呼び止められました。
マユりん人力車も初めて。・・・言われるまま乗ってみました。
ちょっと高くて気持ちがいい!目線も高くなってもっと気持ちがいい~♪

DSC02343 DSC02335 DSC02334 DSC02339 DSC02345 DSC02350
DSC02348 DSC02353 DSC02355 DSC02356 DSC02357 DSC02354

人力車のお兄ちゃんは、走りながら息も切らさず色々説明してくれては
写真も撮ってくれます。すごい体力(汗もすごかった)。粋がいいです。
人力車は30分のコースを選んだのであっという間でしたが、
見たいところは全部見せてくれました。
「ここから清水寺まで歩くといいですよ」と言われたスポットで降りて、
お礼を言ってお兄ちゃんとお別れ。人力車グッズをくれました(ステッカーとか)。

降りた場所は「ねねの小路」の出口。
そこから二年坂のお店を覗いたりしながらのんびりお散歩。
ものすごく暑くて、ダンナさんはイライラしていたようですが、
おかまいなしに自分のペースで歩きました、だって今しか見れないし。

DSC02363 DSC02359 DSC02362 DSC02368 DSC02361 DSC02369

そしてついに清水寺へ到着!
どんな舞台なのかと楽しみにしていた場所。
観光客、修学旅行生でごった返しているかと思ったけれど、
そうでもありませんでした。ここがあの清水寺か~とじっくり見ることができました。

DSC02384 DSC02374 DSC02381 DSC02385 DSC02386 DSC02388

さぁ、楽しみにしていたおうどんを食べに行く時間です。
その前にちょっとだけ金閣寺を見て腹ごしらえを。

DSC02390
本当に金色だ~。すごいすごいと言いながら周辺をお散歩。
雨が強くなってきたので、急いで「おめん」へ向かいました。

釜揚げうどん。おつゆに野菜やゴマを入れてつけて食べるのです。

DSC02394 DSC02395 DSC02397

※写真が暗くてごめんなさい。
おいしいお出汁とさっぱりとしたお野菜。
大根・きんぴらごぼう・みょうが・しょうが・白菜・水なす・水菜、
そしてたっぷりのすりゴマ。
これはおうちでも十分楽しめるレシピを習得した気分でした。
品のいいご主人にごちそうさまでした♪とご挨拶を済ませ、お店を後にしました。

一旦御宿に戻って、少し休憩。
ちょっとお昼寝をしている間に、ダンナさんが夜ゴハンのお店を
考えていたようです。どうやらお肉が食べたくなった様子。
いくつかの候補の中から、彼が一番行きたがった白もつ鍋のお店へ行きました。
お店の名前は「寅屋」。場所はやはり先斗町通。
カメラ充電のため、食べ物の写真はありません。下の写真は某HPより拝借しました。

f46ba495

もつ鍋といえばにんにくたっぷりを想像していましたが、
確かににんにくはにおっていましたが、想像以上においしくて、
もつを追加してハフハフ食べました。白味噌がほんのり甘く、
おいしいお鍋でした。
マユりんはここで飲んだお酒のにおいでよっぱらい、この日は早々にホテルに帰り、
お布団で本を読もうと開いて1行~2行読んだところで夢の世界へと落ちたのでした。

翌朝は、甘味のお店で朝ゴハンと思っていたのに、
行ってみたら「秋で閉店しました」とのこと。
しかたなく街をブラブラし、ランチを待っておばんざいのお店に行きました。
お店の名前は「「いちえ」。おばんざいのランチバイキングです。
古い家屋を改装した風の中庭のきれいなこじんまりとしたお店でした。

DSC02401 DSC02415 DSC02404 DSC02405 DSC02410 DSC02411
DSC02408 DSC02402 DSC02403 DSC02407 DSC02414

カウンターに並んでいる数々のおかずを好きなだけよそって、
小皿もたくさんあるので全てに手をつけました。
ゴハンは玄米のみを提供されていて、とてもおいしかったです。
お味噌汁はお味噌の味を味わって欲しいとのことで、具がありません。
食べている間中ずっと、まな板と包丁の「トントントントン」が聞こえていました。

食べたもの。
湯葉煮びたし・卵焼き・お漬物・もずく酢・さば塩焼き・冷奴
(ここまでは全部小皿で一口サイズなのです)
厚揚げ煮・ひじき・おから・切干大根・キャベツとさつま揚げ煮・茎ワカメ煮・鳥の唐揚・
くずきりサラダ。
おからが絶品でした。ダンナさんもおかわりしに行ってました。

その後は、人力車のお兄ちゃんに「歩いてみはってもいいですよ~」とお勧めされていた
ねねの小路や八坂神社などをもう一度散歩しに行きました。
人力車では立ち寄れない細い路地や、家々のつくりを丹念に見てまわり、
途中で甘味どころ「洛匠(らくしょう)」へ立ち寄り、抹茶フロートと抹茶入りわらび餅を頂きました。
このお店も中庭がとてもきれいで落ち着くお店でした。

DSC02424 DSC02422 DSC02426 DSC02419 DSC02428
DSC02420 DSC02447 DSC02445 DSC02448 DSC02449
DSC02429 DSC02444 DSC02440 DSC02443 DSC02441

京都はこれで終わりです。初回にしてはじゅうぶん楽しみました。

さてさて、帰り道に名古屋によって「ひつまぶし」を食べてきました。
これも急に思い立って「行くよ!」という感じで行ってしまいました。
名古屋では並ぶお店として有名な、「いば昇」です。
名古屋ではダンナさんのリクエストで名古屋ドームも見てきました。
名古屋城は終わっていて見ることはできませんでした。

DSC02450 DSC02461 DSC02458

ひつまぶし、おいしかったです。
お店の中に人が並ぶので(そして相席だったり)、あまり落ち着いて食べるのは
ムリなんですけど、それでもじっくり味わって頂きました。
ネギとわさびとの愛称もよかったです。

京都、ものすごく行きたいと思っていて、ついに実現したのですが、
とても好きになりました。今度は紅葉や桜の時期も見に行きたいです。
まだまだ入ってみたいお店も、食べてみたいものもたくさんあったので、
次回、またその次と京都を訪れて是非色々体験したいです。
今回人力車に乗れたのもとてもいい思い出になりました。
「行きたいな」と言ったら本当に連れてってくれたダンナさんにも心から感謝です。
ひつまぶしにまで付き合ってくれて、どうもありがとう♪

長い旅のレポ、最後まで読んでくださってありがとうございました。
本当に食べてばっかりでしたが、京都に行く際には是非参考にして頂ければと思います。

≪番外編≫
京都では、マユりんが携帯電話を水没させるという事件がありました。
落とした直後はとても落ち込みましたが、
京都にいる間はそのことは忘れようと努力し、電源は一切いれず部屋で乾かしておきました。
帰ってきてから冷蔵庫に入れてみたりしてしばらく放置しましたが、
今日、はじめて電源を入れてみたところ、データは全部無事でした。
急いでバックアップを取って、新しい携帯にデータ移行という作業をダンナさんに
してもらいました。これで一安心。

携帯電話をぬらしてしまったりした場合は、あわてて電源を入れたりせず、
電池はすぐに取り外して、本体の水気を飛ばし、数日放置しておく。
これ、鉄則のようです。完全に乾く前に電源を入れるとショートしてデータが消えます。
数日後、電源を入れてみてデータが見れる状態を確認したら、
すぐにPCなどにデータを移しましょう。
その後、その携帯がまだ使える可能性もありますが、
一時的なもので、後にまた電源が入らなくなったり
充電ができなくなったりすることもあるそうです。

私は京都から帰ってきた翌日、直営店に機種変に行きました。
今は新しい機種に慣れるのが大変で、お勉強中です。

|

« ないものだらけの酢豚です。 | Main | ゴハンとおやつ »

Comments

いいなーーーーー!!!!
私、京都大好きなんです!!!
やっぱ本州だと車で行けるからうらやましい!
今回は、マユりんさんの写真を満喫しました。
老後は京都に住みたいです♪

Posted by: さおりんご | July 09, 2005 at 09:49 AM

いいなーいいなー思い立って行く旅!
なんて、すばらしい~~!
そんな時間が持てるのは、あと15,6年後
でしょうか?
その時まで仲良くしてなきゃ。

携帯、大丈夫だったの?
『あ、そうそうマユりんにアドレスメールしなきゃ!』
と思いつつ、先にこっちに来てみると、
データー大丈夫だったとな??
すごいねー。そんな技があるとは。
冷蔵庫か・・・すごい!

機種変したってことは、マユりんのアドレス
もそのままなんだよね?
新しい携帯かー私もいまだに馴染めません・・・。

Posted by: みーじゃ | July 09, 2005 at 05:54 PM

今時期の京都はすでに暑かった?
盆地だから夏は暑いと言うよねぇ。

私も京都に一度贅沢旅行に行ったことがあるよ。
人力車、私も乗ったよ!
「姫」って言われた(笑)
なかなか優越感だったかも♪
京都ってなぜか心がスッと落ち着く場所が多い気がします。
お寺とかからマイナスイオンでもでてるのかしら(笑)
秋の紅葉の季節は一言で言い表せないほど、
すばらしかったので、ぜひ行ってみてね!

Posted by: こっこ | July 09, 2005 at 11:05 PM

京都よかったよ~。
私も大好きになっちゃった。
また絶対に行く!京都ホリック。
一年に3回は行きたいね~、ってむしろ
移住?・・・ははは、夢か。

写真いっぱいすぎて疲れちゃったでしょう?
でもどれもこれもはずせないものばっかりで、
ついついついつい載せちゃいました。

りんご、おいしそうなゴハンたくさんがんばってるね!エラいぞ~。出前して♪

Posted by: りんごへ★ | July 09, 2005 at 11:41 PM

そうだよね~。
こういうノリで行けるのはやっぱり
うちが二人っきりだからだよね。

でもでもみーじゃさんのところは、
ずーーーっと仲良しに決まってるから大丈夫。
そのときはマユりんが京都添乗員になって
あげるからね♪おいしいもの三昧で行こう!

そうそう、私もみーじゃさんに連絡しなくちゃ
と思っていつつ、新しい携帯に慣れないため
メール不精になってしまい・・・。ごめん。

データは無事新しい携帯に移行できました♪
電話番号もアドレスも変わってないから、
これからもずーーーっとお友達でいてねーー。

Posted by: みーじゃさんへ★ | July 09, 2005 at 11:45 PM

今回の京都滞在中は
ずーっと雨予報だったんだけど、
二日目と三日目は超晴れ!だったの。
暑いのもそうだったけど、湿度が・・異常ね。

でもね、マユりんはそれでもものすごーーく
楽しんだ(お父さんはグッタリしてた・・)。
人力車のお兄ちゃん私のこと「ねーさん」
って言ってた。
お父さんのことは「にーさん」て。
「姫」なんていいな~、こっこ。

でもさ、ここだけのハナシ・・
京都はオンナ同士で行きたい(ボソっ)。
楽しめるツボが・・・ね、わかるでしょ?

Posted by: こっこへ★ | July 09, 2005 at 11:50 PM

久しぶりにMIXI開きました。
僕も奥さんも京都が好きです。
去年行きました。
お勧めは以下のとおりです。
1.東山
お寺が多い。
朝5時ぐらいに散歩がてらお寺に行くことを
お勧めします。お坊さんが100人ぐらいでお経を上げてるんですよ。絶景です。
2.ご飯
京野菜は確かにうまい。
でも夏に、鴨川のテラスで喰うすき焼きが最高です。
ざらめかけて。
3.仏像
二人とも仏様が好きです。僕はお寺が好きなんですけど。
でもそこだけだったら奈良県のほうがいいです。
京都とちがって、鋭い顔。飛鳥寺最高でした。

Posted by: 首都・栃木 | July 11, 2005 at 12:46 AM

朝5時のお坊さん100人…すごそう。
東山のお寺はほぼ廻りました。
雨が降ってきて傘もなかったので、
急ぎ足でしたがマイナスイオン感じました。

お勧め是非次回に役立てたいと思います!
(特にざらめをかけたすき焼き♪)。

仏像は日本のもの限定で好きですか?

寺院でいうと私がかねてから
「見てみたいな~」と思うのは
アンコールワットです。
数日間は通い詰めたいです。

Posted by: 首都・栃木さんへ★ | July 11, 2005 at 10:42 AM

こんにちは☆彡

京都に行かれたんですねぇ。
うらやましい♪
私は京都が大好きなんです。
もう…何回行ったか覚えていません。
印牧さんも知っての通り、以前大阪の人と
お付き合いしていたので、しょっちゅう京都には行っていたんですよ。
それと京都にはある思い入れがあって、
日帰りでも何度か行ってるくらいです。

今度は是非嵐山・嵯峨野の方へも行って見て下さい。
私は嵐山の竹やぶの道を静かにのんびり歩くのが大好きなんですよ。
前回行った時に嵐山でさくらソフトクリームを食べたんですが、おいしかったですよ♪
今度は是非!
本当うらやましいです!

Posted by: ふみ | July 12, 2005 at 05:16 PM

いやーなんて素敵な旅なんでしょう♪
突然行くことになったっていう入り方も素敵。
30年後も思い出になる旅ですねぇ。

Posted by: ナナオスカイ | July 13, 2005 at 12:18 AM

さくらアイスーーー!?
それはそれは、さくらの時期にあるものなの?
食べなくちゃ。桜の時期にも行きたいと思ってるから絶対に食べます。

でも以前、富良野でラベンダーアイスを味見
させてもらったんだけど、芳香剤の香りが
きつくてマユりんダメでした。
そんな感じはしないの?

嵐山は今回パスしたの。
東山をじっくり堪能したくって。
嵐山の竹林は夏気持ちがいいって
聞いてたんだけど、
また今度の時に行く事にしています。

マユりんも京都大好きになったよ~~♪
しばらくの間通いつめたいくらいです。


Posted by: フミたんへ★ | July 13, 2005 at 10:47 AM

30年!?
マユりん、超忘れやすいからな~。
二度おどろくことで有名なのです。
※意味わかります?

なんか、みんなでどっか行きたいよね。
飲茶や飲み会も楽しいけど、
車に乗ってワイワイと遊びに行くって
楽しそう。。合唱したりしながら。
・・・なんて、年甲斐もなく。。。

この間橋の上でバッタリお会いできて
楽しかったですね。奥様おきれいで。。
また楽しい事企画しましょうね!!
P・S ちゃぐりんによろしく♪

Posted by: ナナオスカイ殿★ | July 13, 2005 at 10:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84923/4882578

Listed below are links to weblogs that reference おいしい京都:

« ないものだらけの酢豚です。 | Main | ゴハンとおやつ »