« 火曜日のランチ。と、以心伝心。 | Main | 悲しいけれど悲しまない。 »

March 05, 2005

パンのお話し。

火曜日の夜に大量にクリームシチューを作っておいたので、
しばらくはそれを夕食に食べつづけていました。

クリームシチューはダンナさんの大好物。
じゃがいもを沢山入れてあげると、本当に子供のように喜びます。

すれ違いの毎日なので、「彼が帰ってきて、あっためるだけでたべられる」
メニューを考えるようにしています。

私はシチューやカレーに入れるにんじんが、ゴロゴロ大きいのが嫌いなのですが、
薄く、半月型に切るだけで一番好きな具になります。

クリームシチューを一人で食べて、さて寝ようと思った頃、
ダンナさんが帰ってきました。
シチューを作ったことをメールで伝えてあったので、
自分用にロールパン(これも彼の大好物)を買ってきていました。

コレ。

bata-ro-ru

はじめてこのパンの存在を知ったときは、
なんてお手軽なんだろうと感心していたのですが、
翌日会社でとなりの席のちぃちゃんにそのパンの話をしたら
「あれね、トースターでちょっと暖めると、中のマーガリンがじわ~っととけて
パン全体に染み込んでおいしいよ!」、目からウロコのレクチャーが!!
次回は是非、試してみます!

お金持ちになったら、パン職人を雇って毎日焼きたてのおいしいパンを
食べるのがうちの母の夢でした。

お金持ちにはなれないとわかった時点で、彼女は私や弟に
「パン屋さんになったら?」と言うようになりました。
「焼きたてパンのにおいで目覚めたいの」などと遠い目をしながら言っていました。

パンが大好きな彼女。
「一日に2食はパンがいい、でも一食ぐらいははお米も食べないとね♪」
としょっちゅう言っていました。

今でもサンジェルマンなどのカフェで至福の時間を過ごすのだそうです。

今思えば、昔、家族でよく山登りなどに行ったときも、必ずパンがありました。
一本のフランスパンをみんなでちぎりながら珍しいソーセージやチーズなどを
紅茶やコーヒーと一緒に山の上で食べました。

旅行先でおにぎりが出てくることはあまりなかったように思えます。

いつか、自分でもパンが作れるようになったら、
一番に食べさせてあげたいと思う、娘マユりん。
果たしてその日がくることはあるのでしょうか??
みーじゃさん、教えて!)

乞うご期待!!

|

« 火曜日のランチ。と、以心伝心。 | Main | 悲しいけれど悲しまない。 »

Comments

HBとクオカの食材があれば、
あなたも明日にはなんちゃってパン職人!
か~んたんっ!!(爆)

p.s 赤と緑はすでに完食!

Posted by: みーじゃ | March 05, 2005 at 02:24 PM

やっぱり材料はクオカ?
クオカか、クオカの段ボール(笑)

HBがあればおいしく作れるの?
あれって食パンしか作れないと思ってたけど
違うのかな。おかずパンも作れるの??

でも、HBが生地をこねてくれるんだよね?

あ、なんか無知っぽい事言ってそう、私。

今日メールしたよ♪
時間があるとき読んでね★

Posted by: マユりん→みーじゃさん | March 05, 2005 at 05:35 PM

マユりん、メールありがと♪
私も後で送るね~~!!

HBあれば何でもできるんだよー!
って、私はHB君がいなければ、作れません(汗)
一時発酵までしてもらえれば、あとは
生地を取り出して、好きにするだけ!(爆)
マユりんなら、絶対使いこなせます!

そうそう、10000HITおめでとう!
踏んだかどうだか、カウンター見てないから
分りましぇ~~ん(涙)

Posted by: みーじゃ | March 07, 2005 at 02:02 PM

ホームベーカリーって
おりこうなんだね~!

買おうかな、どうしよっかな。
真剣に真剣に検討します。
買ったらいろいろ教えてね♪
クオカ(段ボール。。ププっ)のことも。

カウンターは
誰からもお知らせがないから、
ちょっと淋しい。

今日またメールしちゃった。
長いの、あれもこれも話したくって。


Posted by: みーじゃさんへ | March 07, 2005 at 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84923/3179735

Listed below are links to weblogs that reference パンのお話し。:

« 火曜日のランチ。と、以心伝心。 | Main | 悲しいけれど悲しまない。 »